豊栄駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豊栄駅*
南口(2008年5月)
南口(2008年5月)
とよさか
Toyosaka
早通 (3.5km)
(3.0km) 黒山
所在地 新潟市北区白新町[1]一丁目1-35
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 白新線
キロ程 15.0km(新潟起点)
電報略号 トサ
駅構造 地上駅橋上駅[1]
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
3,678人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1952年昭和27年)12月23日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
* 1976年に葛塚駅から改称[1]
テンプレートを表示
豊栄駅の位置(白新線内)
豊栄駅
豊栄駅(白新線)

豊栄駅(とよさかえき)は、新潟県新潟市北区白新町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)白新線[1]

概要[編集]

新潟市北区の中心地、旧豊栄市の中心にある当駅は、“かにえる”という駅名が縁起が良いとして、知られる。

特急「いなほ」をはじめ、全ての旅客列車が停車する(一部の臨時列車を除く)。また普通列車は新潟 - 豊栄間が昼間20分間隔で運転されており、毎時1 - 2本が当駅で新潟方面へ折り返している。当駅以東の豊栄 - 新発田間は終日約20 - 60分間隔での運転となっている。

歴史[編集]

橋上駅舎への改築[編集]

当駅は市街地側に面した南側を出入口としてきたが、1970年代から駅北側の宅地開発が急速に進捗したことから、次第に駅南北の往来に支障を来たし始めた。駅東側には線路南北をアンダーパスする市道が通っていたが、高さ・幅員とも小さく、次第に増加する通行量を処理しきれなくなったことから、1991年(平成3年)に歩道を併設したアンダーパスが新たに開通した。また駅周辺には踏切が元々少なかった上、安全性に問題のある小規模な踏切(特に警報機・遮断機が不備なもの)が次々と廃止されたこともあり、非常に不便であったため、市民からはかねてより「北口を開設してほしい」という意見が数多く寄せられていた。また当駅の駅舎自体も、開業時のものを幾度か改修しながら使用し続けていたが、築半世紀を越えて老朽化が著しい上、全体的に狭隘であったため、近年の乗降客増加に対応しきれない状況が続いていた。

このため旧豊栄市とJR東日本は、駅舎を自由通路を内包する橋上駅舎として改築することを決定。2004年(平成16年)秋から改築工事に着手、2006年(平成18年)3月25日にオープンした。現駅舎はエレベーター、エスカレーター、多機能トイレなどを備えた、バリアフリーを考慮した構造に設計されている。駅内の自由通路は自転車も通行できるほか、新潟市の第三セクターが運営するコンビニエンスストアも設けられている。駅舎完成後、南北双方の駅前広場が整備された。

駅構造[編集]

自由通路を併設した橋上駅舎を有する地上駅[1]単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の計2面3線のホームがある[1]

新潟駅管理の業務委託駅となっている。以前は直営駅だったが2018年7月よりジェイアール新潟ビジネスが出札・改札業務を行う、業務委託駅となった。改札口には自動改札機が3通路設置されており、全通路でSuica等のICカードが利用できる。有人改札横には、みどりの窓口と多機能券売機1台・指定席券売機1台が設けられている。

改札口周辺には、コンビニエンスストア(ヤマザキショップ豊栄駅店。新潟市などによる第三セクターまちづくり豊栄」運営。Suicaショッピングサービス利用可)、自動販売機、待合室(改札内)などがある。

バリアフリー対策として、改札口正面には音声案内装置や触地図を備えた周辺地図が設けられている。南口・北口のエントランス部と両ホームにはエレベーターエスカレータ、誘導チャイムが設置されている。南口・北口ともエントランス部は階段と上下エスカレータ(自動運転方式)が並行して設けられている。また改札内には、オストメイトに対応した多機能トイレが設けられている。改札外のトイレは南口駅前(送迎用駐車場・駐輪場そば)と北口1階(多機能トイレあり)に設けられている。

白新線の単線区間の駅構内は全駅一線スルー方式となっており、貨物列車などの通過列車は1番線を使用する。また、ホームの有効長は1・2番線が10両まで、3番線が4両までの対応となっている。

改札口・券売機および自由通路(2019年5月)

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 - 3 白新線 上り 新潟方面[10] おもに1番線
下り 新発田方面[10]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員3,678人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 3,285 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 3,302 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 3,318 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 3,250 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 3,163 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 3,157 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 3,160 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 3,275 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 3,406 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 3,461 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 3,581 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 3,674 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 3,725 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 3,844 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 3,732 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 3,761 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 3,719 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 3,681 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 3,678 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

南口[編集]

南口駅前

元々のエントランスである南口側は、北区豊栄地区の中心地。駅前は駅開業にあわせた都市計画により造成された[11][12]白新町」、その奥には旧北蒲原郡葛塚町時代からの旧市街地が広がり、公共施設などが多く立地する。タクシーはロータリー内に終日常駐している。

北口[編集]

北口駅前

北口側は主に新興住宅地である。1970年代末期[13] から開発が始まり、現在も開発が進められている。タクシーは昼間は常駐、早朝・深夜は概ね列車発着前後のみ待機している。

バス[編集]

下記の路線バスコミュニティバスが運行されており、駅の南北それぞれのロータリー内に停留所が設けられている。いずれも新潟交通グループが運行する路線バスとコミュニティバス「北区区バス」「おらってのバス」が発着する。

南口[編集]

  • 豊栄駅前
    ※中央競馬開催日・場外発売日のみ運行
  • 豊栄駅南口
    • 区バス(太郎代浜ルート)
    • おらってのバス(葛塚ルート、1.5往復/運行日)
      • 北51 新崎駅北口・太夫浜上 行
      • 北51 北区文化会館 行
※土曜・休日・年末年始は全便運休

新潟交通グループと区バスで停留所名が異なるが、いずれも駅前広場のロータリー西側に設置されている。

北口[編集]

  • 豊栄駅北口
    • 芋黒  尾山ニュータウン経由 新潟医療福祉大学
    • 区バス(太郎代浜ルート)
    • おらってのバス(葛塚ルート、1.5往復/運行日)
      • 北51 新崎駅北口・太夫浜上 行
      • 北51 北区文化会館 行
※路線バス・区バス・おらってのバス いずれも土曜・休日・年末年始は全便運休

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
白新線
快速「べにばな」・快速
新潟駅 - 豊栄駅 - 新発田駅
普通
早通駅 - 豊栄駅 - 黒山駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「くづづか」「くずづか」「くづつか」などと誤記されることもあった[3]
  2. ^ これは地元からの要望によるものである[6][7]

出典[編集]

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月7日閲覧。

関連項目[編集]