豊橋中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hongusan top.jpg

豊橋中継局(とよはしちゅうけいきょく)は、愛知県岡崎市本宮山山頂)および豊橋市に置かれている、地上デジタルテレビ放送FMAMラジオ放送の中継局である。

かつてはアナログテレビ放送の中継局も設置されていたが、アナログ放送の終了とともに廃止された。

本項では、「ギャップフィラー方式」で開局した受信障害対策中継局およびマルチメディア放送の送信施設についても併せて記述する。

中継局概要[編集]

デジタルテレビ[編集]

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 放送開始日
1 THK
東海テレビ放送
15ch 10W 96W 中京広域圏 約198,850世帯 水平偏波 2005年3月31日
2 NHK名古屋
教育
24ch 125W 全国 約197,201世帯
3 NHK名古屋
総合
29ch 愛知県
4 CTV
中京テレビ放送
17ch 96W 中京広域圏 約198,850世帯
5 CBCテレビ 16ch
6 NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
14ch
10 TVA
テレビ愛知
26ch 135W 愛知県

デジタルテレビ(受信障害対策中継放送局)[編集]

免許人:国立大学法人豊橋技術科学大学

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
1 THK
東海テレビ放送
15ch 10mW 27mW 中京広域圏 約-世帯 -
2 NHK名古屋
教育
24ch 全国
3 NHK名古屋
総合
29ch 愛知県
4 CTV
中京テレビ放送
17ch 中京広域圏
5 CBCテレビ 16ch
6 NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
14ch
10 TVA
テレビ愛知
26ch 愛知県

FMラジオ[編集]

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
ZIP-FM なし 77.1MHz 音声50W 音声105W 愛知県 不明 水平偏波
FMA
エフエム愛知
81.3MHz
エフエム豊橋
愛称「やしの実」
JOZZ6AA-FM 84.3MHz 音声20W 音声28W 豊橋市 約270,000世帯 不明
NHK名古屋
FM
なし 85.3MHz 音声50W 音声105W 愛知県 不明 水平偏波

AMラジオ[編集]

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 放送対象地域 放送区域
内世帯数
SF
東海ラジオ放送
なし[1][2] 864kHz 音声100W 中京広域圏 約-世帯
NHK名古屋
第1
なし[3][4] 1161kHz 約300,000世帯
NHK名古屋
第2
なし[5][6] 1359kHz 全国
CBCラジオ なし[7][8] 1485kHz 中京広域圏 約-世帯

廃止された局の概要[編集]

アナログテレビ[編集]

放送局名 送信
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 放送開始日 放送終了日
THK
東海テレビ放送
56ch 10W 96W 中京広域圏 約198,850世帯 水平偏波 1964年4月14日 2011年7月24日
NHK名古屋
教育
50ch 125W 全国 約197,201世帯 1969年4月14日
NHK名古屋
総合
54ch 愛知県 1964年4月14日
CTV
中京テレビ放送
58ch 96W 中京広域圏 約198,850世帯 1969年4月1日
CBC
中部日本放送
62ch 1969年4月14日
NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
60ch 1969年4月14日
TVA
テレビ愛知
52ch 135W 愛知県 1983年9月1日

FMラジオ[編集]

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 放送開始日 放送終了日
愛知国際放送
愛称「RADIO-i」
なし 83.0MHz 50W 83W 名古屋市を中心として同一の放送番組の放送を
同時に受信できることが相当と認められる区域
として総務大臣が別に定める区域[9]
137,215世帯 垂直偏波 2000年4月1日(9月1日) 2010年9月30日

マルチメディア放送[編集]

放送局名 周波数 空中線電力 ERP 放送区域 放送区域
内世帯数
モバキャス 214.714286MHz 750W 3.9kW 愛知県静岡県
各一部地域
約2,717,000世帯

所在地[編集]

テレビ、FMラジオ、マルチメディア放送[編集]

デジタルテレビ(受信障害対策中継放送局)[編集]

AMラジオ[編集]

  • NHK:豊橋市花田町字越水47 「豊橋市新栄地区体育館」南東
  • SF:豊橋市向山町字七面 「向山緑地公園」南
  • CBCラジオ:豊橋市向山町字一本松 「向山緑地公園」北

放送エリア[編集]

デジタルテレビ[編集]

  • 豊橋市、豊川市蒲郡市新城市田原市、岡崎市の各一部、約198,900世帯。[11]
  • 尚、公式エリアではないが、西三河の多くの地域(岡崎市、安城市、西尾市、刈谷市、豊田市南部など)で受信されている。
    理由は安定して受信ができる他、アナログ放送廃止前に豊橋中継局で視聴していた建物で、アナログ波受信との併用が容易だったり、アンテナの方向修正といった改修が不要であるためと思われる。

デジタルテレビ(受信障害対策中継放送局)[編集]

  • 豊橋市中心部の豊橋技術科学大学の陰による難視地区

アナログテレビ、FMラジオ[編集]

  • FM豊橋:豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、静岡県湖西市浜松市の各一部。
  • 上記以外:豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、岡崎市の各一部。
    • 上記エリアのほか、安城市、西尾市、豊田市南部、北設楽郡設楽町、静岡県湖西市、浜松市、磐田市、袋井市の一部地域、また山かげや建物などで名古屋局が受信できない豊明市、大府市、半田市、知多半島などでも受信されることがある。電波自体は三重県まで届いている。ただし三重県に近づくほど伊勢中継局と混信する。

AMラジオ[編集]

マルチメディア放送[編集]

  • 愛知県東部と静岡県西部の各一部地域。

歴史[編集]

下記に記載のない局の開局時期は不明。

デジタルテレビ[編集]

デジタルテレビ(受信障害対策中継放送局)[編集]

アナログテレビ[編集]

  • 1964年4月14日 NHK豊橋テレビジョン中継放送所(総合・教育)、CBC中部日本放送豊橋テレビ放送所、THK東海テレビ放送豊橋放送局、NBN名古屋テレビ放送豊橋テレビ放送局が開局。
  • 1969年4月1日 CTV中京テレビ放送豊橋放送局が開局(名古屋親局開局と同時)。
  • 1983年9月1日 TVAテレビ愛知豊橋テレビ中継放送局が開局(名古屋親局開局と同時)。
  • 2011年7月24日 全局廃止された。

FMラジオ[編集]

  • 1969年10月25日 NHK豊橋FM中継放送所が開局。
  • 1993年10月1日 エフエム名古屋(現・ZIP-FM)豊橋中継局が開局(名古屋親局の開局と同時)。
  • 1993年11月27日 エフエム豊橋(コールサイン:JOZZ6AA-FM・周波数:84.3MHz・出力:1W)が開局。
  • 1995年 エフエム豊橋が出力を10Wに増強。
  • 1999年 エフエム豊橋が出力を20Wに増強。
  • 2000年9月1日 愛知国際放送豊橋中継局が開局。
  • 2010年9月30日 愛知国際放送が閉局。

AMラジオ[編集]

  • 1954年3月10日 NHK豊橋放送局(現・NHK豊橋支局)花田ラジオ放送所(NHK第1(コールサイン:JOCS・周波数:1160kc[kHzと同義]・出力:100W))が開局、豊橋地域番組の放送開始。
  • 1954年3月15日 CBC中部日本放送(現・CBCラジオ)豊橋ラジオ放送所(コールサイン:JOAE・周波数:1560kc・出力:100W)が開局、豊橋地域番組の放送開始。
  • 1956年12月15日 NHK豊橋第2(コールサイン:JOCV・周波数:1360kc・出力:100W)が開局。
  • 1964年4月1日 SF東海ラジオ放送豊橋放送局(コールサイン:JOSN・周波数:860kc・出力:100W)が開局、豊橋地域番組の放送開始。
  • 1978年11月23日 AMラジオ放送の周波数が、10kHz間隔から9kHz間隔に変更された。当中継局の各放送局の周波数も、現在の周波数に変更された。
  • 1982年11月1日 NHK豊橋ラジオ第1のコールサインを「JOCQ」に、ラジオ第2のコールサインを「JOCZ」に変更。
  • 2000年頃 SF東海ラジオ放送豊橋放送局の豊橋地域番組終了。
  • 2001年頃 CBC中部日本放送(現・CBCラジオ)豊橋放送局の豊橋地域番組終了。
  • 2002年 NHK豊橋第1・第2のコールサイン廃止。

マルチメディア放送[編集]

その他[編集]

正式な中継局名[編集]

判明しているもののみ、記載する。

  • NHK名古屋放送局:豊橋テレビジョン中継放送所・豊橋FM中継放送所
  • CBC:豊橋テレビ放送所
  • THK・CTV:豊橋放送局
  • NBN:豊橋テレビ放送局
  • TVA:豊橋テレビ中継放送局
  • FMA・ZIP-FM:豊橋中継局

AMラジオに関する補足[編集]

  • AMラジオは、送信所にアースを引くだけの広さが必要なため、本宮山ではなく豊橋市内に設置されている。
  • NHK第1・CBCラジオ・東海ラジオ放送の3局は、かつては名古屋親局とは別内容の番組を放送していた時間帯がある。理由については、当時、日本有数の人口集積地域だった豊橋からのローカル放送発信機能拡充の色合いが濃かったためである。
  • 奥三河地域では、豊橋中継局や名古屋親局の受信に難があるため、聴取環境改善のため、NHK第二以外は、別途新城ラジオ中継局が設置された。
  • 愛知県・静岡県境をつなぐ国道362号本坂トンネルではAMラジオの再送信を行っているが、NHK第1・第2・SBS静岡放送浜松中継局の電波を、東海ラジオ放送は豊橋中継局の電波を、CBCラジオは名古屋親局の電波を再送信している。これは、各放送局について受信地点での電波状況を比較し、良好な放送波を再送信しているためである(SBS静岡放送を除く)。
  • 2018年現在、CBCラジオ・東海ラジオ放送は愛知県東三河地域を放送エリアとしたFM補完中継局の予備免許の交付を受けていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JOSMが付与されていたが、廃止。JOSM付与以前はJOSNが付与されていた。JOSNはその後SF東海ラジオ放送・高山放送局に再付与された。
  2. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  3. ^ JOCQが付与されていたが、廃止。JOCQ付与以前はJOCSが付与されていた。
  4. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  5. ^ JOCZが付与されていたが、廃止。JOCZ付与以前はJOCVが付与されていた。JOCVはその後開局したエフエム富士に再付与された。
  6. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  7. ^ JOAEが付与されていたが、廃止。
  8. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  9. ^ 放送用周波数使用計画(総務省)2009年7月22日時点のアーカイブ
  10. ^ 愛知県の開局状況 総務省 東海総合通信局
  11. ^ 東海地区の開局情報(愛知県)/【表2】豊橋中継局(岡崎市:本宮山) - 総務省東海総合通信局
  12. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(豊橋中継局)の予備免許 - 総務省東海総合通信局・2005年2月10日リリース(総務省平成16年度報道資料)
  13. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局に免許 - 総務省東海総合通信局・2005年3月28日リリース(総務省平成16年度報道資料)
  14. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  15. ^ 携帯端末向けマルチメディア放送局の免許を交付(名古屋・津・豊橋中継局) - 総務省東海総合通信局(2012年3月30日プレスリリース)