豊橋市立東田小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豊橋市立東田小学校
Azumada Elementary School (school gate).jpg
過去の名称 田尻学校か勧善分校
豊岡尋常小学校
豊橋市東田尋常小学校
東田国民学校
豊橋市立東田小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 豊橋市
校訓 強く
正しく
むつまじく
設立年月日 1872年
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 440-0065
愛知県豊橋市仁連木町15番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

豊橋市立東田小学校(とよはししりつ あずまだしょうがっこう)は愛知県豊橋市仁連木町にある市立小学校。平成18年4月現在で、471人の児童が在籍している。

歴史[編集]

地理[編集]

戦国大名戸田氏ゆかりの全久院)の寺子屋にルーツを持ち、創立明治5年の古い学校である。学校の北に、豊川の支流の朝倉川が流れる。道路を挟んで、延喜2年(902年)の醍醐帝の御世からあり千百年以上の歴史を誇る東田神明宮(有栖川宮熾仁親王の額が有る)がある。また、小学校のある仁連木町には、長野県松本市戸田松平家岐阜県大垣市大名高家戸田家を出した戸田氏戦国時代に居城にしていた二連木城明応2年、西暦1493年戸田全久入道(宗光)築城)がある。校区内には小笠原氏の菩提寺である臨済寺がある。

卒業生は朝倉川の北にある豊橋市立青陵中学校へ進学する。

卒業生[編集]

関連項目[編集]