豊橋鉄道モ3600形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豊橋鉄道モ3600形電車(とよはしてつどうどうも3600かたでんしゃ)は、豊橋鉄道がかつて保有していた路面電車用の電車である。

元は三重交通541形であり、同社神都線廃止後、譲り受けたものである。

概要[編集]

三重交通541形543号をイメージした神都バス

1937年(昭和12年)10月に当時神都線を経営していた東邦電力が導入した、大阪鉄工所(現:日立造船)製造の四軸ボギー車である。1944年に三重交通541形に改称し、神都線で運用される。

1961年(昭和36年)、三重交通神都線廃止に伴い、541形3両(541 - 543)が豊橋鉄道に譲渡され、モハ600形(601 - 603)に改称。東田本線に投入される。東田本線で初のボギー車であり、空気ブレーキ装備車となる。製造当初の集電装置ビューゲルであったが、豊橋鉄道に移動後Zパンタグラフに変更されるが、ビューゲルに戻されている。また神都線時代は前燈灯は取り外し式であったが、豊橋鉄道移動後に固定式に改められた。

1964年(昭和39年)にモ600形に改称し、さらに1968年(昭和43年)にモ3600形に改称され、東田本線の主力として運用されていたが、2扉車であり、扉の配置上ワンマン化改造ができないことがネックとなり、1971年(昭和46年)3月に3603が、同年6月に3601・3602が廃車となる。東田本線のワンマン化はこの年の8月から開始された。

なお2014年(平成26年)より三重交通が伊勢市内で運行している「神都バス」は543号をイメージしてデザインされている。

主要諸元[編集]

  • 定員:90人(座席定員 40人)
  • 自重:15.05t
  • 最大寸法
    • 長:12,500mm
    • 幅:2,304mm
    • 高:3,656mm
  • 台車:日本車輌製造製 C-10
  • 出力:45kw×2

関連項目[編集]