豊玉町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とよたまちょう
豊玉町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併・市制施行
厳原町美津島町豊玉町峰町上県町上対馬町対馬市
現在の自治体 対馬市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
下県郡
団体コード 42443-9
面積 75.21km2.
総人口 4,418
推計人口、2004年2月1日)
隣接自治体 峰町、美津島町
町の木 クヌギ
町の花 ゲンカイツツジ
町の鳥 コウライキジ
豊玉町役場
所在地 817-1292
長崎県下県郡豊玉町大字仁位380番地
外部リンク 豊玉町(アーカイブ版)
座標 北緯34度23分44.9秒
東経129度19分5.2秒
 表示 ウィキプロジェクト

豊玉町(とよたまちょう)は、九州の北沖に当たる対馬の中央にあった下県郡に属していた。

2004年3月1日の合併で対馬市の一部となった。なお、対馬市発足後の住所表記では「とよたままち」に読み方が変更された。

地理[編集]

対馬の中部に位置する。町内の佐志賀 ・嵯峨・貝鮒の3大字は、仁位浅茅湾や他の大字を挟み二分された、いわゆる飛び字の状態となっている。

  • 山:合戸山、雎鳩岳(ひさごたけ)、烏帽子岳、舟沢山、天神山、高瘤山、樫郷山、阿乃瀬山、遠見山、金蔵山、竹無山、悪代山、黒隈山、遠見山、岳ノ山、天狗山、アヨウ岳、糠岳(奴賀岳、紅皿岳)
  • 島嶼:横島、黒島、塔ヶ崎島、多田島、オテンガ島、鬼島、ツヤ島、千切島、前島、タテバ島、松島、チ鳥島、白銀島、二子島、榎島、神ノ島、中ノ島、寺崎島、丸島(円島)、牛島
  • 河川:仁位川、曽川、田川、卯麦川
  • 港湾・海域:大口瀬戸、浅茅湾(濃部浅茅湾、仁位浅茅湾)、大漁湾(おろしかわん)、仁位港、水崎漁港

歴史[編集]

先史・古代[編集]

中世[編集]

  • 1345年頃(貞和年間) - 宗頼次(仁位宗香)が代官となり、仁位に居を構え栄える。
  • 1419年応永26年) - 応永の外寇 朝鮮軍が浅海湾に襲来し尾崎、船越、次いで仁位に入り糠岳の合戦となる。

近世[編集]

行政区域の変遷[編集]

地名[編集]

大字を行政区域とする。

仁位村
  • 糸瀬(いとせ)
  • 貝鮒(かいふな)
  • 嵯峨(さが)
  • 佐志賀(さしか)
  • 曽(そ)
  • 千尋藻(ちろも)
  • 仁位(にい)
  • 鑓川(やりかわ)
  • 横浦(よこうら)
  • 和板(わいた)
奴加岳村
  • 卯麦(うむぎ)
  • 大綱(おおつな)
  • 貝口(かいぐち)
  • 唐洲(からす)
  • 小綱(こづな)
  • 佐保(さほ)
  • 志多浦(したうら)
  • 田(た)
  • 廻(まわり)
  • 銘(めい)

教育[編集]

高等学校
中学校
小学校

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

  • とよたま夏まつり
  • 豊玉町マラソン大会
  • 和多都美神社古式大祭
  • いきき豊玉まつり 

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 豊玉町郷土館展示物[要出典]
  2. ^ 長崎縣令第二十號『対馬の各町村合併及びその名称に関する件[1][2]』長崎県公報 明治41年3月25日付号外
  3. ^ 2011年(平成23年)閉校。

関連項目[編集]