豊田北バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地域高規格道路
Japanese National Route Sign 0153.svg
豊田北バイパス
国道153号バイパス
路線延長 6.8 km
(供用区間:1.9 km)
起点 愛知県豊田市逢妻町
終点 愛知県豊田市勘八町
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0155.svg国道155号豊田南バイパス
Japanese National Route Sign 0419.svg国道419号
Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号(現道)
東海環状自動車道豊田勘八IC
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
豊田勘八IC付近(2012年8月)

豊田北バイパス(とよたきたバイパス)は、愛知県豊田市逢妻町から同市勘八町に至る国道153号バイパス(総延長 6.8 km)であり、全線が地域高規格道路衣浦豊田道路」に指定されている。2005年3月19日に豊田市道平戸橋水源線から豊田勘八ICまでの間が暫定2車線で開通している[1]

概要[編集]

  • 起点:愛知県豊田市逢妻町
  • 終点:愛知県豊田市勘八町
  • 総延長:6.8 km(供用区間:1.9 km)
  • 構造規格 : 第3種1級
  • 設計速度:80 km/h
  • 道路幅員:23.3 m - 60.0 m
  • 車線数:完成4車線(暫定2車線)
  • 全体事業費:342億円(国道155号 - 都市計画道路平戸橋水源線区間:5.7 km)

交差する道路[編集]

歴史[編集]

  • 1985年度:豊田市逢妻町 - 同市平戸橋町(延長6,110 m) 都市計画決定
  • 1991年度:豊田市逢妻町 - 同市勘八町(延長7,230 m) 都市計画変更
  • 2005年3月19日:豊田市扶桑町 - 同市勘八町(延長1.1 km) 東海環状自動車道 豊田勘八ICへのアクセス道路として暫定2車線で供用開始
  • 2006年度:豊田市上原町 - 同市扶桑町(延長2.9 km) 事業化
  • 2008年度:豊田市逢妻町 - 同市上原町(延長2.8 km) 事業化
  • 2019年6月8日:豊田市平戸橋町 - 同市勘八町(平戸大橋)(延長0.8 km) 開通[2]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国道153号豊田北バイパス、名四国道事務所
  2. ^ 国道153号 豊田北バイパス 平戸大橋が令和元年6月8日(土)に開通 (PDF)”. 国土交通省中部地方整備局 名四国道事務所 (2019年5月10日). 2019年6月8日閲覧。

関連項目[編集]