豊田南バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地域高規格道路
Japanese National Route Sign 0155.svg
豊田南バイパス
国道155号
路線延長 12.9 km
(開通区間 : 9.2 km)
起点 愛知県豊田市駒場町
終点 愛知県豊田市逢妻町
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0155.svg国道155号
Japanese National Route Sign 0419.svg国道419号衣浦豊田道路
E1A 伊勢湾岸自動車道豊田南IC
Japanese National Route Sign 0419.svg国道419号
E1 東名高速道路豊田IC
Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号豊田西バイパス
Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号豊田北バイパス
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
豊田市花園町(2012年8月)

豊田南バイパス(とよたみなみバイパス)は、愛知県豊田市駒場町から同市逢妻町に至る総延長12.9 km国道155号バイパスである。全線が地域高規格道路の計画路線に指定されている。

概要[編集]

  • 起点 : 愛知県豊田市駒場町
  • 終点 : 愛知県豊田市逢妻町
  • 総延長 : 12.9 km(開通区間 : 9.2 km)
  • 構造規格 : 第3種1級
  • 道路幅員 : 32.0 m - 47.3 m
  • 車線数 : 4車線(側道を含めて6車線)
  • 車線幅員 : 3.5 m
  • 設計速度 : 80 km/h
  • 全体事業費 : 791億円
  • 計画交通量 : 43,900台/日

2016年現在、起点から国道153号 豊田西バイパスまでの9.2 kmが開通しているが、4.6 kmの4車線供用区間(豊田市生駒町 - 同市堤町)を除いては暫定2車線である[1]

未開通区間のうち、国道153号豊田西バイパスから国道155号豊田北バイパス(終点)までの3.7 kmは2016年度以降に暫定2車線での開通を予定している。

東名高速道路豊田ICから終点までの4.8 kmは、接続する国道153号豊田北バイパスとともに豊田外環状(とよたそとかんじょう)の一部を構成する。国道155号現道は幅員の狭い2車線区間が多く、豊田市の中心市街地を通過しているため、通勤時間帯を中心に渋滞が激しく、バイパス完成により市街地の渋滞が緩和されている[2][3]

なお、豊田南バイパスの豊田市東新町までの暫定供用に伴い、2015年4月1日に国道155号現道区間だった豊田市駒場町(駒場町向金交差点) - 豊田市神田町(西町4丁目交差点)の道路管理者国土交通省から愛知県に変更され、路線番号も国道419号に変更されている[4]

歴史[編集]

以下は、国土交通省中部地方整備局 名四国道事務所の「国道155号豊田南バイパス > あらまし」他を参照した。

  • 1964年8月 : 豊田市駒場町 - 豊田市田中町(延長7.6 km) 都市計画決定[5]
  • 1967年度 : 一部区間を一般国道の指定区間建設省(現・国土交通省)直轄管理区間)に編入。
  • 1973年3月 : 豊田市田中町 - 豊田市逢妻町(延長5.3 km) 都市計画決定[5]
  • 1973年度 : 事業化。
  • 1975年度 : 用地買収に着手。
  • 1983年度 : 着工。
  • 1987年度 : 豊田市駒場町 - 豊田市堤町(延長5.2 km) 一部供用開始(暫定2車線)。
  • 1990年度 : 豊田市堤町 - 豊田市上丘町(延長1.3 km) 一部供用開始(暫定2車線)。
  • 1995年度 : 起点部 - 東名豊田IC間が一般国道419号とともに地域高規格道路の計画路線に指定。
  • 1998年度 : 東名豊田IC - 終点部まで豊田北バイパスとともに地域高規格道路の計画路線に指定。
  • 2003年12月25日 : 豊田市上丘町 - 豊田市美山町(延長1.6 km) 一部供用開始(暫定2車線)、豊田市花園町 - 豊田市堤町(延長3.5 km) 一部4車線供用開始[6]
  • 2014年03月16日 : 豊田市美山町 - 豊田市東新町(延長1.1 km) 一部供用開始(暫定2車線)[7]
  • 2015年4月1日 : 国道155号豊田南バイパスの現道区間だった豊田市駒場町(駒場町向金交差点)- 豊田市神田町(西町4丁目交差点)の延長12 kmが、国土交通省から愛知県に移管され、路線番号を国道419号に変更[4]

主な接続道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

関連項目[編集]