豊田誠佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豊田 誠佑
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
生年月日 (1956-04-23) 1956年4月23日(62歳)
身長
体重
172 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1980年4月10日
最終出場 1988年10月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1989 - 1997, 2003)

豊田 誠佑(とよだ せいすけ、1956年4月23日 - )は、東京都練馬区出身の元プロ野球選手外野手)、プロ野球コーチ。右投右打。1988年から1996年までの登録名は、豊田 成祐1997年の登録名は豊田 成佑(読み方同じ)。

来歴・人物[編集]

日大三高では、右翼手として1974年春の選抜に出場。向陽高を破り2回戦に進むが、銚子商業高土屋正勝に抑えられ敗退[1]

高校卒業後は、明治大学へ進学。東京六大学リーグでは3度の優勝を経験。1977年春季リーグで首位打者を獲得。1978年春季リーグでは鹿取義隆高橋三千丈の両エースを擁し、中心打者として優勝に貢献。直後の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で中尾孝義らのいた専大を降し優勝を飾る。1977年から2年連続で日米大学野球選手権大会日本代表に選出。リーグ通算62試合出場、203打数63安打、打率.310、5本塁打、26打点。首位打者1回。ベストナイン2回。

1978年オフに、ドラフト外中日ドラゴンズに入団。即戦力の巧打者として期待される。

1980年には7月から右翼手、二番打者として起用され63試合に先発出場。翌1981年は、規定打席には届かなかったが打率.292の好記録を残す。しかし4年目の1982年、故障がもとで1年先輩の平野謙にレギュラーを奪われることとなり、その後の活路を右の代打・守備要員に見出す。同年の西武との日本シリーズでは4試合に出場、日本一は逃すものの、第4戦では9回表に適時打を放ち勝利に貢献した。

大学時代から巨人江川卓と相性がよく、江川キラーとして名を馳せた。1982年9月28日、9回裏2-6から全盛期の江川を打ち崩した奇跡の同点劇は、豊田のレフト前ヒットから始まったとされている(同年の中日リーグ優勝のターニングポイントとする意見も多い)。

1988年の現役引退後は中日コーチ、関東・北信越地区担当のスカウトを務め、2008年シーズン終了時より堂上照に代わりナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」の館長に就任[2]。2014年シーズン終了後退任した[3]

実弟の豊田和泰(外野手、日大三高~明大~日本鋼管)は明大4年時の1980年春に首位打者を獲得しており、東京六大学初の兄弟首位打者として話題となった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 中日 102 276 242 33 61 7 2 3 81 18 6 4 13 1 14 1 6 50 3 .252 .309 .335 .644
1981 114 352 315 39 92 19 2 4 127 29 9 2 8 3 23 0 3 43 7 .292 .346 .403 .749
1982 103 98 88 12 12 2 0 0 14 3 1 1 3 0 7 1 0 16 2 .136 .200 .159 .359
1983 34 23 20 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 1 1 4 1 .050 .174 .050 .224
1984 104 77 72 17 17 0 0 4 29 9 1 1 2 0 3 0 0 16 2 .236 .267 .403 .669
1985 52 49 36 5 4 0 0 0 4 5 0 0 4 0 8 0 1 10 1 .111 .289 .111 .400
1986 62 52 45 5 9 1 0 1 13 5 0 0 1 0 6 0 0 15 2 .200 .294 .289 .583
1987 107 139 124 19 39 8 0 1 50 8 4 1 3 2 10 0 0 15 2 .315 .360 .403 .764
1988 88 102 84 4 16 4 1 0 22 7 3 2 7 1 9 1 1 23 0 .190 .274 .262 .536
通算:9年 766 1168 1026 134 251 41 5 13 341 84 24 11 41 7 82 4 12 192 20 .245 .306 .332 .638

記録[編集]

背番号[編集]

  • 25(1979年 - 1988年)
  • 75(1989年 - 1991年)
  • 88(1992年)
  • 98(1993年 - 1994年)
  • 97(1995年)
  • 73(1996年 - 1997年)
  • 81(2003年)

登録名[編集]

  • 豊田 誠佑 (とよだ せいすけ、1979年 - 1987年、2003年)
  • 豊田 成祐 (とよだ せいすけ、1988年 - 1996年)
  • 豊田 成佑 (とよだ せいすけ、1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 昇竜館・豊田新館長 スカウトから生活指導へ 中日スポーツ 2008年10月30日
  3. ^ 中日2軍コーチに松岡功祐氏招へい、日刊スポーツ、2014年10月22日

関連項目[編集]