豊臣百丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
豊臣百丸
時代 安土桃山時代
生誕 文禄元年(1592年
死没 文禄4年8月2日(1595年9月5日
改名 百丸(幼名
別名 道喜[1](法名)
戒名 無上院殿誓道大童子
氏族 豊臣氏
父母 父:豊臣秀次
母:於辰(山口少雲の娘)
兄弟 仙千代丸百丸十丸土丸、露月院

豊臣 百丸(とよとみ の ひゃくまる/とよとみ ひゃくまる)は、安土桃山時代公達豊臣氏の2代関白豊臣秀次の次男[2]。母は尾張国星崎城山口少雲の娘[3]於辰の方[4]

略歴[編集]

文禄4年(1595年)、秀次の一族が処刑された際、他の秀次の妻子とともに三条河原で処刑された。

浄土宗慈舟山瑞泉寺にある秀次公一族の法名を記した名簿によると、享年4で、戒名は無上院殿誓道大童子。日蓮宗本圀寺末寺である)瑞龍寺の過去帳によると道喜[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 黒川道祐、上村觀光編、 『黒川道祐近畿游覧誌稿』 淳風房、1910年、98頁。 
  2. ^ 父である秀次の法名が道意であり、子息の中で百丸だけに誓道または道喜と、同じ「道」一字が用いられていて、他の三子は「妙」の字である。『大かうさまくんきのうち』では若君は三人しか登場せず、仙千代丸は登場しないので、登場するなかで最年長の百丸が嫡男の扱いを受けているようである。
  3. ^ 前野長康の養女となったとも云う。
  4. ^ 小林千草 『太閤秀吉と秀次謀反』 筑摩書房、1996年ISBN 4480082999。 

参考文献[編集]