豊見城・名嘉地インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豊見城・名嘉地インターチェンジ
所属路線 E58 那覇空港自動車道
IC番号 A4
本線標識の表記 豊見城・名嘉地
那覇空港 那覇
起点からの距離 12.1 km(西原JCT起点)
豊見城IC (2.7 km)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
供用開始日 2008年3月22日
通行台数 x台/日
所在地 901-0235
沖縄県豊見城市名嘉地
テンプレートを表示

豊見城・名嘉地インターチェンジ(とみぐすく・なかちインターチェンジ)は、沖縄県豊見城市にある那覇空港自動車道(豊見城東道路・小禄道路)のインターチェンジ

当ICの工事は2段階によって行われ、はじめに本線から分岐して旧県道68号に接続する出入口を設け開通させた後、本線をそのまま延長し名嘉地交差点をまたぐ高架橋を新設し国道331号小禄バイパス)に合流する。2008年の暫定開通時には県道との出入り口までで、その後は2010年4月12日に開通した[要出典]

歴史[編集]

  • 2007年(平成19年)9月6日:当ICの名称を「那覇空港南IC」から「豊見城・名嘉地IC」に正式決定[1]
  • 2008年(平成20年)3月22日豊見城IC - 豊見城・名嘉地IC間が暫定2車線で開通[2]
  • 2009年(平成21年)5月1日:小禄道路の都市計画が決定する[3]
  • 2011年(平成23年)度:小禄道路が事業化される[4]
  • 2015年(平成27年)3月3日:豊見城IC - 豊見城・名嘉地IC間が4車線化[2]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E58 那覇空港自動車道(豊見城東道路・小禄道路)
(A2) 南風原南IC - 豊見城PA(予定) - (A3) 豊見城IC - (A4) 豊見城・名嘉地IC - 瀬長IC(事業中)

脚注[編集]

  1. ^ 豊見城東道路インターチェンジ(IC)名称決定!!”. 南部国道事務所. 2017年3月13日閲覧。
  2. ^ a b 国道506号豊見城東道路”. 南部国道事務所. 2017年3月13日閲覧。
  3. ^ 道路の整備 (PDF)”. 沖縄県. 2017年3月13日閲覧。
  4. ^ 那覇空港自動車道豊見城東道路の整備について (PDF)”. 南部国道事務所. 2017年3月13日閲覧。

関連項目[編集]