豊郷村 (栃木県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
豊郷村
廃止日 1954年11月1日
廃止理由 編入合併
豊郷村国本村城山村富屋村篠井村の一部 → 宇都宮市
現在の自治体 宇都宮市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
河内郡
総人口 6,890
(1950年)
隣接自治体 宇都宮市
河内郡国本村富屋村田原村古里村
豊郷村役場
所在地 栃木県(現在の住所)宇都宮市関堀町370-5
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

豊郷村(とよさとむら)は栃木県の中部、河内郡に属していたである。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、関堀村、岩本村、上川俣村、下川俣村、海道新田村、岩曽村、竹林村、今泉新田の一部、大曽村、山本村、長岡村、瓦谷村、横山村が合併し河内郡豊郷村が成立する。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 大曽の一部が宇都宮市へ編入される。
  • 1951年(昭和26年)
    • 6月1日 - 竹林、今泉新田の各一部が宇都宮市へ編入される。
    • 6月25日 - 平石村の一部(上平出の一部)を編入する。
  • 1953年(昭和28年)6月1日 - 竹林、今泉新田の各一部が宇都宮市へ編入される。
  • 1954年(昭和29年)11月1日 - 国本村城山村富屋村篠井村の一部とともに宇都宮市へ編入され消滅。

施設[編集]

関連項目[編集]