豚萎縮性鼻炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

豚萎縮性鼻炎(ぶたいしゅくせいびえん、: atrophic rhinitis, AR)は、Bordetella bronchiseptica単独感染あるいはPasteurella multocidaとの混合感染を原因とするブタの感染症。豚マイコプラズマ肺炎、豚胸膜肺炎と合わせて豚の三大呼吸器病と呼ばれる。混合感染のほうが重篤な症状を示す。家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。

目次

原因

Bordetella bronchisepticaグラム陰性好気性球桿菌であり、強い皮膚壊死毒を産生するⅠ相菌と産生しないⅢ相菌があるが、病原性を示すのはⅠ相菌である。Pasteurella multocidaはグラム陰性好気性短桿菌であり、莢膜抗原からA~E型に分類されるが、病原性を示すのはD型とA型である。直接接触および飛沫により感染が成立する。3週齢以前での発症率は高いが、6週齢以後では発症率は極めて低い。

症状

感染初期にくしゃみ、流涙、水様性鼻汁、アイパッチがみられ、病状が進むと顔面頭蓋の変形を起こす。後遺症として鼻曲がりを示すことがある。

診断

菌分離、凝集反応ELISAPCRにより診断する。

治療

サルファ剤テトラサイクリン系抗生物質カナマイシンなどを飼料添加あるいは鼻腔内スプレーとして用いる。

予防

妊娠豚にワクチンを接種し、初乳を介して子豚に抗体を移行させる。

関連項目

参考文献

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747

今日は何の日(6月17日

もっと見る

「豚萎縮性鼻炎」のQ&A