象州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

象州(ぞうしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から民国初年にかけて、現在の広西チワン族自治区来賓市一帯に設置された。

概要[編集]

592年開皇12年)、隋により設置された。象州は桂林陽寿馬平の3県を管轄した。605年大業元年)、象州は廃止され、その管轄区域は桂州に移管された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、桂州は始安郡と改称された[1]

621年武徳4年)、蕭銑を滅ぼすと、隋の始安郡桂林県に象州が再設置された。象州は桂林・陽寿・武仙武徳西寧の5県を管轄した。638年貞観12年)、西寧県は廃止されたが、晏州は廃止され、その属県の武化長風の2県は象州に編入された。666年乾封元年)、桂林県は廃止された。742年天宝元年)、武徳県は廃止されたが、象州は象山郡と改称された。758年乾元元年)、象山郡は象州の称にもどされた。776年大暦11年)、長風県は廃止された。象州は嶺南道の桂管十五州に属し、武化・武仙・陽寿の3県を管轄した[2]

974年開宝7年)、北宋により厳州は廃止され、その属県の来賓県は象州に編入された。象州は広南西路に属し、陽寿・来賓・武化・武仙の4県を管轄した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志四
  3. ^ 宋史』地理志六