豹/ジャガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豹/ジャガー
Il mercenario
監督 セルジオ・コルブッチ
脚本 ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
セルジオ・スピーナ
セルジオ・コルブッチ
アドリアーノ・ボルツォーニ
原案 フランコ・ソリナス
ジョルジオ・アルロリオ
製作 アルベルト・グリマルディ
出演者 フランコ・ネロ
ジャック・パランス
トニー・ムサンテ
音楽 エンニオ・モリコーネ
ブルーノ・ニコライ
撮影 アレハンドロ・ウジョア
編集 ユージェニオ・アラビソ
製作会社 PEA
デルフォス
プロフィルム・21
配給 日本の旗 ユナイト
公開 イタリアの旗 1968年12月29日
日本の旗 1969年9月6日
スペインの旗 1970年4月13日
上映時間 109分
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
興行収入 イタリアの旗 ₤1.101 billion ITL[1]
テンプレートを表示

豹/ジャガー』(ひょう/ジャガー、原題:Il mercenario)は、1968年制作のマカロニ・ウェスタンセルジオ・コルブッチ監督、フランコ・ネロジャック・パランスらが出演。

あらすじ[ソースを編集]

舞台は革命前夜のメキシコ。精悍な顔立ちから“ジャガー”の異名をとる早射ちのガンマン、セルゲイ・コワルスキは、メキシコ国境に銀山をもつ富豪アルフォンソ・ガルシアから、革命の気配のあるメキシコから安全な場所へ銀を移送する際の護衛を依頼される。

しかし、銀山はすでにパコ率いる革命軍に占拠されていた。さらに、商売敵の殺し屋カーリーがガルシアに接近し、用心棒として雇われる。コワルスキはパコから金を受け取ってひと仕事したため、革命軍の参謀に迎えられることに。

革命軍は次々と町々を解放していくが、ガルシアと政府軍をも敵に回した革命軍はやがて激しい戦闘の末に壊滅、命からがら逃れたコワルスキとパコは、途中から彼らに加わった美しいメキシコ娘のコロンバの協力を得て反撃を開始する。

キャスト[ソースを編集]

※テレビ放送:NET土曜映画劇場1974年7月27日

その他[ソースを編集]

クエンティン・タランティーノは、自身の映画ランキングスパゲッティ・ウェスタン トップ20の第4位に本作をランクインしている。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Fisher, Austin (2014). Radical Frontiers in the Spaghetti Western: Politics, Violence and Popular Italian Cinema. I.B.Tauris. p. 220.