貝ノ瀬滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

貝ノ瀬 滋(かいのせ しげる、1948年 - )は、日本教育者である。三鷹市教育委員会教育委員長教育再生実行会議委員を歴任し、現在、東京都教育会会長、連合教育会副会長を務める。専門は学校経営、コミュニティ・スクール論。

来歴・人物[編集]

北海道三笠市出身。中央大学卒、電気通信大学大学院博士後期課程中退。東京都公立小学校教諭、東久留米市教育委員会指導主事等を経て、1998年から三鷹市立第四小学校校長。その後、三鷹市教育長、同教育委員長(現在退任)。

中央教育審議会委員や国の教育再生実行会議委員になる。また、全国コミュニティ・スクール連絡協議会会長なども(現在、顧問)。文部科学省参与を経て、視学委員を務める。

専門分野[編集]

特に、コミュニティ・スクールの実践、学校支援ボランティアキャリア教育小中一貫教育

著書[編集]

  • 『校長の実践経営術25の鉄則』(学事出版、2013)
  • 『校長の実践対話術25の鉄則』(学事出版、2013)
  • 『小・中一貫コミュニティ・スクールのつくりかた 』(ポプラ社、2010年)
  • 『図説・コミュニティ・スクール入門』(一藝社、2017年)