負荷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

負荷(ふか)

  • 人が、任務や責任を自ら負うこと。負担。英語のdutyに相当。
  • 物体の動きと接触によって起こる各種の物性値物理量の変化。転じて、それをもたらすおよびエネルギー。英語のloadに相当。負荷が過大にかかった状態や、その数値的評価を「過負荷」と呼ぶ。
  • 電力において、電源に対して、電力を消費する側。負荷回路。electrical load。
    • 電気回路において、電力を消費する回路あるいは素子の呼称(例: 抵抗器)。
      • 負荷インピーダンス ⇒ 入力インピーダンス
      • 負荷 - 電気回路のための測定の仕組みのひとつ。負荷装置とも。一定の電流値を設定し、電源などの動作チェックに用いる。
  • コンピュータにおいて、動作時間を占有するプログラム。または、プログラムによる占有時の、コンピュータの処理能力が低下した状態。
  • 統計における指標・数値。以下は一例。

関連項目[編集]