財部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
財部駅
Takarabe-ekisya.JPG
駅舎(2008年3月)
たからべ
Takarabe
五十市 (4.2km)
(3.6km) 北俣
所在地 鹿児島県曽於市財部町北俣1822
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 399.4km(小倉起点)
電報略号 ラヘ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
75人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
159人/日
-2015年-
開業年月日 1929年(昭和4年)4月28日
備考 無人駅
テンプレートを表示
駅前風景(2006年8月26日)
駅名標(2009年7月)

財部駅(たからべえき)は、鹿児島県曽於市財部町北俣にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

日豊本線の起点(小倉駅)側からみて、鹿児島県内最初の駅である。以前は当駅折り返しの列車が存在したが、現在はない。また1980年急行錦江」が快速へ格下げされると同時に快速停車駅とされたが、特急「きりしま」の設定に伴う廃止と同時に普通列車のみの停車駅に戻された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。以前はモルタルの駅舎があったが、老朽化に伴い解体し改築工事が行われ、2008年(平成20年)3月23日に多目的ホールを併設した木造の合築駅舎「曽於市やまびこ館」として完成した[3]無人駅である。

1 日豊本線(下り) 国分鹿児島中央方面
2 日豊本線(上り) 都城宮崎方面

利用状況[編集]

  • 2015年度の1日平均乗車人員は75人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2007 67 144
2008 69 147
2009 66 144
2010 58 125
2011 64 138
2012 80 171
2013 80 169
2014 78 167
2015 75 159

駅周辺[編集]

財部町の中心駅で市役所支所など中心施設も近いが都城市の郊外的要素が強く利用者は少ない。駅前には商店がありタクシーの待合もある。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
日豊本線
五十市駅 - 財部駅 - 北俣駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 鹿児島県財部町郷土誌、財部町教育会, 1936、p479
  2. ^ a b 54.国都線(現日豊本線)一般社団法人日本建設業連合会
  3. ^ a b c d “「曽於市やまびこ館」落成 JR財部駅を建て替え 交通、地域活性化の拠点に” 西日本新聞 (西日本新聞社): p18. (2008年3月24日 朝刊)
  4. ^ a b “西都城-大隅大川原 国分-鹿児島間 44日ぶり開通 JR九州”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1993年9月21日)