貧困撲滅のための国際デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

貧困撲滅のための国際デー(ひんこんぼくめつのためのこくさいデー、International Day for the Eradication of Poverty)とは、国際連合が制定した国際デーの一つである。毎年10月17日[1]

1987年貧困飢餓暴力、恐怖の犠牲者に敬意を表するため10万人がフランスパリシャイヨ宮の人権広場に集まったのが最初である。この呼びかけをしたのはATD第四世界フランス語版を創設したフランスの活動家ジョゼフ・ウレザンスキ[2][3][4]であった。

1992年12月国連総会において、多くの国で10月17日が「極貧に打ち克つための世界デー」となっていることから、この日を「貧困撲滅のための国際デー」とすることが宣言された。

脚注[編集]