貫助次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
貫助次郎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文元年(1532年
死没 文禄4年10月9日1595年11月10日
官位 兵部丞
主君 毛利元就隆元輝元
氏族 貫氏
兄弟 助八助次郎
新左衛門

貫 助次郎(ぬき すけじろう)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将豊前国企救郡貫庄(現在の福岡県北九州市小倉南区貫)の生まれで、毛利氏の家臣。兄は貫助八

生涯[編集]

天文元年(1532年)、豊前国企救郡貫庄に生まれる。貫氏は豊前国企救郡貫庄を本拠とし、地名から貫氏を称した。

毛利元就に仕えた兄・助八が、永禄4年(1561年)の第四次門司城の戦いにおいて戦死。助八に嗣子がいなかったため、助次郎がその後を継いだ。第四次門司城の戦いの助八の忠勇を賞して、毛利隆元から貫氏への賞恩として豊前国貫庄内に75石と感状を与えられている。

元亀3年(1572年2月14日毛利輝元から長門国大津郡日置庄の内に13石余[1]を与えられ、天正6年(1578年12月20日には兵部丞の官途名を与えられた。また、天正16年(1588年6月25日には、長門国厚東郡吉見郷内の69石余の地を与えられている。

文禄4年(1595年10月9日に64歳で死去。子の新左衛門が後を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 金子五郎先給知行。

参考文献[編集]

  • 『萩藩閥閲録』巻150「貫半左衛門」