貫成人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

貫 成人(ぬき しげと、1956年7月5日[1] - )は、日本の哲学者、現象学者、ダンス評論家。専修大学教授。藝術学関連学会連合 副会長、舞踊学会 副会長を務める。[1]


来歴[編集]

神奈川県鎌倉市生まれ。父は日本史学者の貫達人清泉小学校栄光学園を経て、1980年東京大学文学部哲学科卒。85年同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。1988年埼玉大学教養学部専任講師、 90年助教授を経て、2000年より専修大学文学部教授。1986-7年,1996-7年在ヴッパタール大学。2005年「経験の構造 フッサール現象学の速度性モデル」で東北大学より博士(文学)。舞踊学会常務理事、日本現象学会編集委員。

現象学、舞踊美学、歴史理論/身体論、歴史と世界システムの理論を研究対象としている。コンテンポラリー・ダンスを中心に、舞踊批評も行う。ピナバウシュ研究の第一人者でもある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 図解雑学 哲学』、ナツメ社、2001年
  • 『経験の構造-フッサール現象学の新しい全体像』、勁草書房、2003年
  • 『哲学マップ』、筑摩書房(ちくま新書)、2004年
  • カント わたしはなにを望みうるのか:批判哲学』、青灯社、2007年(入門・哲学者シリーズ)
  • 『哲学ワンダーランド 〈わかる〉ための道具箱』、PHP研究所、2007年
  • ニーチェ すべてを思い切るために:力への意志』、青灯社、2007年(入門・哲学者シリーズ)
  • ハイデガー すべてのものに贈られること:存在論』、青灯社、2007年(入門・哲学者シリーズ)
  • フーコー 主体という夢:生の権力』、青灯社、2007年(入門・哲学者シリーズ)
  • 『図説・標準哲学史』、新書館、2008年
  • 『真理の哲学』、筑摩書房(ちくま新書)2008年
  • 『歴史の哲学』、勁草書房(双書エニグマ)、2010年
  • 『哲学で何をするのか 文化と私の「現実」から』筑摩書房(筑摩選書)、2012年 
  • 『大学4年間の哲学が10時間でざっと学べる』KADOKAWA、2016年

共著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

[編集]

  1. ^ 『人事興信録』1995年、貫達人の項。