貫達人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

貫 達人(ぬき たつと、1917年4月6日 - 2009年11月17日[1])は、日本の歴史学者

来歴[編集]

熊本市出身。宇野哲人の三男に生まれ、貫正雄の養子となる。1941年東京帝国大学文学部国史学科卒。東大史料編纂所員、鎌倉市史編纂員、東洋大学助教授、文部省教科書調査官、神奈川県立博物館(現・神奈川県立歴史博物館)学芸部長、1968年青山学院大学文学部教授、76年文学部長、82年副学長、87年定年、名誉教授、宮崎産業経営大学学長、91年退職。この間72年鎌倉国宝館長、83年神奈川文化賞受賞。文化庁文化財保護審議会委員、神奈川県文化財保護審議会委員。

長男は哲学者貫成人宇野精一は実兄。宇野義方、宇野健吾(筑波大名誉教授、経済学、1922- )は実弟。姉の夫に桑田六郎(阪大名誉教授・東洋史・1894-1987)、篠原健一(元早大教授・物理学者・1905-)、妹の夫に安藤良雄(経済学、東大名誉教授、成城大学学長・1917-85)。

著書[編集]

  • 『鎌倉の廃寺 勝長寿院永福寺・法華堂・大慈寺』 鎌倉市教育委員会ほか、1961 鎌倉国宝館論集
  • 『鎌倉の廃寺 諸宗の部』 鎌倉市教育委員会ほか、1962 鎌倉国宝館論集
  • 畠山重忠』 人物叢書 吉川弘文館、1962
  • 円覚寺』荒牧万佐行写真 中央公論美術出版、1964
  • 『鎌倉文化財散歩』 学生社、1972
  • 鶴岡八幡宮』 中央公論美術出版、1976 美術文化シリーズ
  • 『鶴岡八幡宮寺 鎌倉の廃寺』 有隣新書、1996

共編[編集]

  • 『相州古文書 改訂新編』全5巻、角川書店、1965-70
  • 『鎌倉・歴史と美術』三山進共編、至文堂、1966
  • 『図説日本の歴史 6 鎌倉の幕府』編集責任、集英社、1974
  • 『鶴岡社務記録』三浦勝男共編、鶴岡八幡宮社務所、1978、鶴岡叢書
  • 『觧明鶴岡八幡宮古文書集』三浦勝男共編、鶴岡八幡宮社務所、1980、鶴岡叢書
  • 『鎌倉廃寺事典』川副武胤共著、有隣堂、1980
  • 『鎌倉のすべて』三山進共編、至文堂、1986
  • 『鶴岡八幡宮寺諸職次第』三浦勝男共編纂、鶴岡八幡宮社務所、1991、鶴岡叢書
  • 『鎌倉の仏教 中世都市の実像』石井進共編、有隣新書、1992
  • 『鎌倉志料』第8-9巻 編、鎌倉国宝館、1996-2001
  • 『鎌倉の肖像彫刻』1-2 編、鎌倉国宝館、1997-99、鎌倉国宝館図録
  • 『鎌倉の国宝 特輯』編、鎌倉国宝館、1999
  • 『鎌倉の五輪塔』編、鎌倉市教育委員会、2001、鎌倉国宝館図録
  • 『鎌倉の宝篋印塔』再版 編、鎌倉市教育委員会、2002、鎌倉国宝館図録 

参考[編集]

  • 三浦勝男「貫達人氏の訃(学界消息)」、『日本歴史』第743号、吉川弘文館、2010年、 142頁。
  • 『人事興信録』1995年 
  • 読売新聞訃報 

脚注[編集]