貴咲美里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
きさき みり
貴咲 美里
生年月日 5月30日
出生地 日本の旗鹿児島県名瀬市
(現:鹿児島県奄美市
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1993年 - 2004年
活動内容 1993年宝塚歌劇団入団
1994年雪組に配属
2000年:宝塚歌劇団退団。以降舞台中心に活動した。
主な作品
大上海
凱旋門
Subjective Holies
備考
宝塚歌劇団卒業生

貴咲 美里(きさき みり、5月30日 - )は、日本の元女優。 元宝塚歌劇団雪組の娘役スター。鹿児島県名瀬市(現:奄美市)出身。名瀬市立大川中学校(現:奄美市立大川小中学校)卒業。身長164cm。愛称はみり

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 1994年5月、『風と共に去りぬ -スカーレット編-』新人公演:キャリーン・オハラ(本役:花總まり
  • 1994年9月、『風に吹かれて』(バウ)モイラ
  • 1994年11月、『雪之丞変化/サジタリウス』新人公演:千世(本役:翠花果
  • 1995年9月、『大上海(グラン・シャンハイ)』(バウ)鄭麗琳 *バウホール初ヒロイン
  • 1995年11月、『あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール』十市皇女、新人公演:額田女王(本役:花總まり)*新人公演初ヒロイン
  • 1996年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』新人公演:エリザベート(本役:花總まり)*新人公演ヒロイン
  • 1996年4月、『アリスの招待状 -チェシャ猫ホテルへようこそ-」(バウ)メアリー・ボブソン *バウホールヒロイン
  • 1996年8月、『虹のナターシャ/La Jeunesse!』新人公演:呉竹梅子(本役:星奈優里
  • 1996年11月、『晴れた日に永遠が見える』(バウ)マリエル・バイソン
  • 1997年3月、『仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ』セシル、新人公演:メルトゥイユ伯爵夫人(本役:花總まり)*新人公演ヒロイン
  • 1997年5月、『嵐が丘』(バウ)キャシー *バウホールヒロイン
  • 1997年9月、『真夜中のゴースト/レ・シェルバン』アナベラ、新人公演:アネット(本役:五峰亜季
  • 1997年12月、『春櫻賦/LET'S JAZZ -踊る五線譜-』ゆうな、新人公演:おかつ(本役:高ひづる)
  • 1998年6月、『心中・恋の大和路』(バウ・東京特別)梅川 *バウホールヒロイン
  • 1998年8月、『浅茅が宿 -秋成幻想-/ラヴィール』すずな
  • 1998年10月、『凍てついた明日 -ボニー&クライド-』(バウ・東京特別)アニス・フラナガン
  • 1999年4月、『再会ノバ・ボサ・ノバ -盗まれたカルナバル-』ポーレット/ラービオス、新人公演:ブリーザ(本役:朝海ひかる・安蘭けい
  • 1999年9月、『SAY IT AGAIN』(バウ)シェリル・リード *バウホールヒロイン
  • 1999年11月、『バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子』シャルロッテ
  • 2000年1月、香寿たつきディナーショー『Montage』
  • 2000年4月、『バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子』(全国ツアー)シャルロッテ
  • 2000年6月、『デパートメントストア/凱旋門』ルート・ゴールドベルグ、役替わり:ジョアン・マヅー *ヒロイン

宝塚歌劇団退団後の主な舞台出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.105 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010
  2. ^ 宝塚歌劇支局 朝海ひかる、ラヴィックを好演 雪組「凱旋門」役替わり公演の話題 ― スポニチ Sponichi Annex 大阪

関連項目[編集]