貴家堂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さすが たかこ
貴家 堂子
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
生年月日 (1941-02-04) 1941年2月4日(78歳)
職業 声優
事務所 ワンダフル・ライフ・プロジェクト
配偶者 あり
活動
活動期間 1963年 -
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

貴家 堂子(さすが たかこ、1941年2月4日[1] - )は、日本女性声優[1]。ワンダフル・ライフ・プロジェクト所属[2]東京府(現・東京都)出身[3]。水瓶座[1]。以前はぱらーた企画に所属していた[3]

サザエさん』のフグ田タラオ、『ハクション大魔王』のアクビ、『天才バカボン』のハジメなど、幼児役・少女役が代表作[1]

人物・来歴[編集]

TBSのラジオドラマのオーディションを受け、その専属になったのがきっかけで声優の道へ(理由は「花嫁修業が嫌だったから」)。

サザエさん』では放送開始の1969年以来、フグ田サザエ役の加藤みどりとともに出演し続けていることで著名[4]

バラエティー番組に何度か顔出し出演したが、「タラちゃんの声をやってほしい」と言われた際に「人前では上手くできない」「『やって』とか言われてできるものではない」という対応で一貫して断っている。

サザエさんの放送40年記念の際には、加藤みどり、麻生美代子永井一郎とともにカメラの前でインタビューに答えた。「こんなに長くやるって思いませんでしたもん。1年って約束でしたよ、初め。チビちゃん(の声)をやるのは。イクラちゃん(の声優)に私だってやってるんだから(降板は)ダメよタラちゃん、っておだてられて、その気になって40年」と話した。

ゲームでは2012年発売の『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』のモノミ役として初出演。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1964年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1975年
1976年
1977年
1979年
1980年
1983年
2008年
2013年
2016年

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

CD[編集]

CM[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 貴家堂子(さすがたかこ)のプロフィール・画像・出演スケジュール|【スタスケ】(0000084155)”. ザテレビジョン. 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ キャンペーンのCMについて教えて。”. 日産自動車. 2017年5月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、415頁。ISBN 4-87376-160-3。
  4. ^ 【麻生美代子さん死去】サザエさん役の加藤みどりさん「皆の目標でした」 タラちゃん役の貴家堂子さん「さびしいです…」。”. 産経ニュース (2018年9月3日). 2019年7月21日閲覧。
  5. ^ リボンの騎士”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  6. ^ ウメ星デンカ”. トムス・エンタテインメント. 2016年7月3日閲覧。
  7. ^ ハクション大魔王”. メディア芸術データベース. 2016年11月12日閲覧。
  8. ^ 天才バカボン”. メディア芸術データベース. 2016年11月8日閲覧。
  9. ^ キャスト発表第5弾”. 「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」公式サイト (2016年4月25日). 2016年4月25日閲覧。
  10. ^ スパイク・チュンソフト、PSP「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」。予約特典も「しゃべる!モノミストラップ」に決定”. GAME Watch (2012年5月11日). 2019年7月21日閲覧。