貴金属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
貴金属元素のサンプル

貴金属(ききんぞく)は、金属のうち化合物をつくりにくく希少性のある金属の総称[1]

英語ではprecious metalまたはnoble metalといい、precious metalは希少な金属、noble metalはイオン化(酸化)しにくい性質を持つ金属をいう[2]。なお、貴金属の対義語は卑金属である[1]

定義[編集]

化合物をつくりにくく希少性のある金属という条件を満たす元素は、 (Au)、 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd)、ロジウム (Rh)、イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru)、オスミウム (Os) の8つであり、これらを一般に貴金属元素という[1]。電気化学では銀よりも単極電位の大きい元素のことであり以上の8元素と同じである[1]

また、貴金属(noble metal)は「標準水素電極と比較して高い正極電位をもつ金属」と定義されることがある[3]。この場合、相対的にイオン化しにくいほうを「貴」といい、例えば亜鉛 (Zn) との比較で (Cu) は貴(貴金属)とされる[3]。イオン化傾向が水素より小さい金属という定義では水銀など上記以外の元素を貴金属に含めることもある。

これらはいずれもDブロック元素に属する。

性質[編集]

金・銀・白金[編集]

周期表の金、銀、白金は化学的、物理的、機械的に似た性質を有する[1]。金、銀、白金はいずれも、色が美しく、加工が容易、室温で変色しない(銀を除く)という三要素をもち工芸品や宝飾品に用いられている[1]

白金族元素[編集]

ルテニウム、ロジウム、パラジウム(これら3つをパラジウム類と言うことがある)、オスミウム、イリジウム、白金(これら3つは白金類と言うことがある)の6つの元素を「白金族元素」と言う。

白金族元素はお互い性質が似通っており、融点が高く、白金、パラジウムはアルミニウム並に軟らかく、ルテニウム、イリジウムは硬く、オスミウムは非常に硬く脆い。ロジウムはその中間の硬さである。全体的にくすんだ銀白色を呈した金属である。

また白金類は密度が21から22と非常に高く、物質中最も重い元素になる。重白金族とも言う。パラジウム類は密度は12で、軽白金族とも言う。アルカリなどにも侵されにくい。非常に有用な触媒となるものもある。

ジュエリー用貴金属[編集]

8種の貴金属の中で、 (Au)、 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd) の4種とその合金を、ISO9202、JIS-H6309、及びCIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)は、ジュエリー用貴金属合金として定め、品位区分を設けている。

イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru) は、白金 (Pt)(プラチナ)の割り金として用いられている。

ロジウム (Rh) は、ジュエリーやアクセサリーの表面めっきとして、広く利用されている。

ジュエリーの製造現場では、加工上の性質、用途と色調から、産出量は多いが (Cu) を貴金属の一種と考えることもある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 岡田勝蔵 『図解よくわかる 貴金属材料』 日刊工業新聞社、2014年、8頁。
  2. ^ 高橋正雄. “貴金属系電極材料の現状と将来”. 実務表面技術. 2019年1月22日閲覧。
  3. ^ a b 大阪府立産業技術総合研究所. “電気めっき用語”. 2019年1月22日閲覧。

関連項目[編集]