貸しボート十三号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金田一耕助 > 貸しボート十三号

貸しボート十三号』(かしボートじゅうさんごう)は、横溝正史の中編推理小説、および表題作とする中編小説集。「金田一耕助シリーズ」の一つ。『別冊週刊朝日昭和32年8月号に掲載された後、昭和33年9月に中編化された[1]

あらすじ[編集]

土曜日、隅田川の川口、浜離宮公園沖に流れ着いた貸しボートから、男女の惨死体が発見された。どちらも首がノコギリで途中まで挽き切られ、ちぎれかかっていた。女の方はレーンコートの下に派手なスーツを着ており、スーツの上から心臓を刃物でえぐられていたが、死因はひもによる絞殺であった。男の方はパンツひとつの姿で、死因は心臓を刃物ひと突きによるものであったが、死後、ひもで首を絞められていた。等々力警部とともに現場に訪れた金田一耕助は、犯人の最初の計画では死体の身元を分からなくするために首を切断しようとした、そこに余儀ない事情が突発して首斬り作業を中止せざるを得なくなったと、捜査陣に説く。

吾妻橋ぎわの貸しボート屋の店員の証言で、問題の貸しボート十三号を金曜日の晩に借りてそれきり返しに来なかった客は、金縁眼鏡をかけて、鼻下に美しいひげをはやした中年の紳士であることが判明した。すると翌々日、その中年紳士に容貌が似ている役所勤めの大木健造が出頭し、殺されたのは妻の藤子と、娘の家庭教師でX大学ボート部に所属している駿河譲治であることを申し出た。大木は否定するが、藤子と駿河の間に不倫の噂があったらしい。所轄署の平出警部補は大木を容疑者と疑うが、ボート屋の店員によると、ボートを借りた男はもう少し柄が大きかったように思うとのことであった。

金田一は、X大学ボート部のボートハウスが殺人の現場の可能性が高いと考え、ボートハウスがある戸田に、等々力警部たちと向かう。ボートハウスを検分すると、最近誰かがコンクリートをきれいに洗い落としたらしく、泥の跡も残っていなかった。いよいよボートハウスが犯行現場らしく思え、金田一は仮にここが現場であるなら、吾妻橋から戸田までボートで漕ぎ上ってくるには、よほどボートに自信のある男に違いないと考え、ボート部員たちの話を聞きにいく。

初めは警察に対する警戒心と敵意で、進んで話そうとしなかった部員たちだったが、面談者に金田一が混ざっていると知ると、急に態度を改めた。部員たちは、金田一が神門産業の総帥・神門貫太郎から絶大な信頼を得ていることや、専務の川崎重人とも昵懇であることを、殺された駿河から聞いていた。駿河は専務の川崎の娘・美穂子の婚約者であった。

主な登場人物[編集]

金田一耕助(きんだいち こうすけ)
私立探偵。
等々力大志(とどろき だいし)
警視庁警部
平出(ひらいで)
築地署の捜査主任で警部補
新井(あらい)
警視庁の刑事
関口五郎(せきぐち ごろう)
貸しボート「ちどり屋」の店員。
大木健造(おおき けんぞう)
近頃、世間の疑惑となっている役所のある省の、とくに問題を起こしやすい課の課長。45、6歳。金縁眼鏡をかけ、鼻の下に手入れのいき届いたひげをたくわえている。
大木藤子(おおき ふじこ)
健造の妻。40歳前後、もしくは40歳過ぎ。ボートの二重殺人事件の被害者。
駿河譲治(するが じょうじ)
X大学の学生で、ボート部に所属。健造の娘の家庭教師。秀才。22、3歳。ボートの二重殺人事件の被害者。
川崎美穂子(かわさき みほこ)
神門産業の専務・川崎重人の娘。駿河の婚約者。
八木信作(やぎ しんさく)
X大学の学生で、ボート部に所属。駿河の親友。野性味まる出し。美穂子に思いを寄せている。
矢沢文雄(やざわ ふみお)
X大学の学生で、ボート部に所属。駿河の親友。駿河と八木の中間タイプ。美穂子に思いを寄せている。
片山達吉(かたやま たつきち)
X大学の学生で、ボート部に所属。
児玉潤(こだま じゅん)
X大学の学生で、ボート部に所属。
青木俊六(あおき しゅんろく)
X大学の学生で、ボート部に所属。
古川稔(ふるかわ みのる)
X大学の学生で、ボート部に所属。
岩下トミ(いわした トミ)
X大学の学生寮の寮母。
神門貫太郎(しんもん かんたろう)
神門産業の総帥。川崎美穂子の伯父。金田一に絶対の信頼を寄せるパトロン

収録書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 長編化される前の短編作品。
  2. ^ a b c 中編化される前の短編作品。

出典[編集]

  1. ^ 宝島社『別冊宝島 僕たちの好きな金田一耕助』 金田一耕助登場全77作品 完全解説「53.貸しボート十三号」参照。