費観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
姓名 費観
時代 後漢時代 - 三国時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 賓伯(字)
本貫・出身地等 荊州江夏郡鄳県
職官 裨将軍〔劉備〕

巴郡太守兼江州都督〔劉備〕
→振威将軍(揚威将軍?)〔蜀漢〕

爵位・号等 都亭侯〔蜀漢〕
陣営・所属等 劉璋劉備劉禅
家族・一族 妻の父:劉璋

費 観(ひ かん、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の武将、政治家。蜀漢に仕えた。賓伯荊州江夏郡鄳県の人[1]。妻は劉璋の娘。また、劉璋の母は、費観の族姑である[2]

事跡[編集]

陳寿が『三国志』を編纂した頃には、その事跡に関する史料が失われていたため、同蜀書において列伝されていないが、楊戯が記した『季漢輔臣賛』に記録がある。

はじめ劉璋に仕えていた。 建安18年(213年)、費観は李厳の軍に参加して綿竹劉備軍を防いだが、最終的に李厳と共に劉備に降伏した。益州を平定した劉備は、費観を裨将軍に任命し、後に巴郡太守兼江州都督に昇進させた。建興元年(223年)、都亭侯に封じられ、振威将軍(『季漢輔臣賛』は揚威将軍。どちらが正しいか不明)を加えられた。

費観は人付き合いが上手く、20歳以上年長でしかも自尊心の強い李厳を相手にしても、同年輩のように交流したと言う。没年は不詳だが、37歳で死去した。

『季漢輔臣賛』は、費観の人物像について「才幹があり、その文武は人々を感動させた[3]。官僚として任務をよく理解し、物事を論じること心強く聡明であった。利殖を図りつつもその財は施し、義に厚く秩序立った振舞いを行なった」と述べている。

小説『三国志演義』では、劉璋の婿ではなく、劉璋の妻の弟(つまり義弟)として登場する。李厳を推挙した上で、史実どおり綿竹を守る。李厳が劉備軍に捕えられると、その李厳の説得を受けて綿竹を開城した。以後、登場しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 費禕伝には明記されていないが、費禕と同族である。
  2. ^ 費禕伝によると、同族に費伯仁なる人物がおり、彼の姑が劉璋の母である。
  3. ^ 原文「欷歔」。本来は「すすり泣く」という意味を持つ。

参考文献[編集]