賀国光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
賀国光
He Guoguang.jpg
『最新支那要人伝』(1941年)
プロフィール
出生: 1885年11月30日
光緒11年10月24日)
死去: 1969年民国58年)
 台湾台北市
出身地: 清の旗 湖北省武昌府蒲圻県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 賀國光
簡体字 贺国光
拼音 Hè Guóguāng
和名表記: が こくこう
発音転記: ホー グォグァン
ラテン字 Ho Kuo-kuang
テンプレートを表示

賀 国光(が こくこう)は、中華民国の軍人・政治家。初めは北京政府直隷派の軍人だったが、後に北伐中の国民革命軍に転じる。日中戦争期間中には、四川省で戦争体制作りに尽力した。元靖

事跡[編集]

直隷派から国民革命軍へ[編集]

当初は旧学を学んでいたが、19歳の時に四川省へ赴いて陸軍速成学校に入学し、高級班に進級した。卒業後は四川新軍に属している。武昌起義辛亥革命)が勃発すると、帰郷して革命派の湖北軍に加わった。1913年民国2年)、陸軍大学第4期正則班に入学し、1916年(民国5年)12月に卒業すると湖北省に戻り、北京政府側の鄂軍(湖北軍)に属している。以後、順調に昇進し、1925年(民国14年)冬には、直隷派呉佩孚配下として陸軍第15軍軍長兼開封警備司令にまでなった。[1][2]

1926年(民国15年)秋、国民革命軍武漢まで進軍してくると、賀国光は易幟を行い、唐生智らの国民革命軍に転じた。これにより、新編第4軍軍長に任ぜられている。1927年(民国16年)秋、国民政府軍事委員会陸軍処処長兼武漢衛戍副司令に任ぜられた。まもなく南京に転任し、軍事委員会高級参謀に任ぜられ、1928年(民国17年)8月には、軍事委員会弁公庁主任となっている。同年11月、国民政府訓練総監部歩兵監に任ぜられた。以後、建設委員会委員、国軍編遣委員会遣置局局長、国民革命軍総司令部参謀長、武漢行営参謀長兼第1縦隊司令、湖北省政府委員などを歴任している。[1][2][3]

1929年(民国18年)冬、第1路軍総指揮部参謀長に任ぜられる。翌年の中原大戦では、命令伝達所長を兼任し、12月、南昌行営参謀長兼作戦庁庁長に転じた。1931年(民国20年)12月、訓練総監部副監兼首都警備副司令となる。翌1932年(民国21年)4月、軍事委員会第3庁副庁長兼贛粤閩湘四省剿匪総部参謀長に任ぜられ、紅軍討伐に従事した。1934年(民国23年)2月、軍事委員会第2庁副庁長に転じる。[1][2][3]

四川省での活動[編集]

同年12月、賀国光は委員長参謀団主任に任ぜられて四川省に入り、以降、四川省と西康地方の軍事・政治の指導にあたった。1935年(民国24年)4月、陸軍中将の地位を授かる。10月、重慶行営参謀長兼第1庁庁長兼川康軍事整理委員会秘書長に任ぜられた。1937年3月、軍事委員会委員長重慶行営副主任(代理主任)となる。[1][2][3]

日中戦争勃発後、賀国光は四川省において抗日体制整備に取り組むことになる。1939年(民国28年)1月には、成都行営代理主任に転じ、5月、重慶市市長を兼任した。9月、四川省政府委員兼秘書長となり、省政府主席を兼任した蒋介石に代わって四川省の政務を取り仕切っている。1941年(民国30年)1月、軍事委員会憲兵司令部司令と軍事委員会軍法執行副監に異動した。1944年(民国33年)3月、軍事委員会弁公庁主任となっている。[1][2][3]

日中戦争終結後の1946年(民国35年)2月、西昌行轅主任に任ぜられる。9月、重慶行轅副主任兼西昌警備司令兼川康黔辺区辺務設計委員会主任委員に転じた。1948年(民国37年)8月、重慶行轅を改組した重慶綏靖公署で引き続き副主任をつとめ、翌1949年(民国38年)秋には、西南軍政副長官となる。これらの間も西昌警備司令を兼任しており、西康省政府主席劉文輝の監視を蒋介石から委ねられていた。[1][2]

人民解放軍に敗北[編集]

しかし同年12月に、結局劉文輝は中華人民共和国への起義を宣言してしまう。賀国光は蒋介石から劉の後任として西康省政府主席に任ぜられ、西昌を拠点に中国人民解放軍に抗戦した。しかしすでに大勢は決しており、1950年(民国39年)3月に西昌を失陥した賀は、海口経由で台湾へ逃走している。台湾では、総統府国策顧問をつとめた。1969年(民国58年)4月21日、台北市にて脳溢血により病没。享年85(満83歳)。[1][2]

著作[編集]

  • 『八十自述』

[編集]

  1. ^ a b c d e f g 徐主編(2007)、2105頁。
  2. ^ a b c d e f g 劉国銘主編(2005)、1797頁。
  3. ^ a b c d 東亜問題調査会編(1941)、34頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉国銘主編『中国国民党百年人物全書』団結出版社、2005年。ISBN 7-80214-039-0。
  • 東亜問題調査会編『最新支那要人伝』朝日新聞社、1941年。
中華民国の旗 中華民国(国民政府)国民政府
先代:
(創設)
重慶市長
1939年5月 - 12月
次代:
呉国楨
先代:
劉文輝
西康省政府主席
1949年12月 - 1950年3月?
次代:
(廃止)