賀老の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
賀老の滝
賀老の滝 (2009年6月)
位置 北緯42度35分49.8秒
東経139度59分46.1秒
所在地 北海道島牧郡島牧村賀老
落差 70m
滝幅 35m
水系 千走川
テンプレートを表示

賀老の滝(がろうのたき)は、日本の

概要[編集]

北海道島牧郡島牧村二級河川・千走川の上流にある。別名は竜神の滝飛竜の滝狩場茂津多道立自然公園に指定されていて1991年(平成3年)「日本の滝百選」に選定された[1]

上流の賀老高原では、渓流釣や山菜採りができる。また駐車場から近隣の地域で濃度の濃い天然の炭酸水(ドラゴンウォーター)が湧き出ている場所がある。

伝承[編集]

寛永8年(1631年)にシマコマキ(島牧)で砂金が見つかり、後に金山奉行となった松前藩士・小太郎は江戸幕府から金を隠す計画を立てた。以前に手負いの小鹿を見つけて傷を癒した賀老の滝に隠すことを考え、滝に来ると一頭の鹿が現れて滝壺を指したという。また竜神が金を守る事を告げ、掘り出す者には祟りがあったと伝える。

交通アクセス[編集]

  • 鉄道
函館本線黒松内駅または長万部駅からバス、タクシー約2時間、徒歩20分。
  • 自動車
国道229号を経由して賀老高原キャンプ場より徒歩20分。

脚注[編集]

  1. ^ 日本の滝百選(”飛竜”賀老の滝 )