賀茂保憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
賀茂保憲
時代 平安時代中期
生誕 延喜17年(917年
死没 貞元2年2月22日977年3月14日
官位 従四位上主計頭
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 賀茂氏
父母 父:賀茂忠行
兄弟 保憲、保遠、慶滋保胤、慶滋保章
光栄、光国、光輔、女子
テンプレートを表示

賀茂 保憲(かも の やすのり)は、平安時代中期の貴族陰陽家丹波権介賀茂忠行の長男。安倍晴明の師とも、また彼の兄弟子とも言われる。官位従四位上主計頭

経歴[編集]

父・忠行と同じく陰陽道の達人で、当時の陰陽道の模範とされるほどの評価を得ていた[1]。また暦道も究めて、著書『暦林』10巻、及び『保憲抄』(いずれも散逸)を記している。

天慶4年(941年7月17日に暦生ながら造暦宣旨を蒙って以降、暦博士天文博士陰陽頭穀倉院別当・主計頭を歴任し、天延2年(974年)には従四位上に叙せられる。当時の陰陽家のなかに於いても極めて昇進が早く、天暦6年(952年)既に従五位下に叙せられ殿上人となっていた保憲は、当時正六位上であった父・忠行よりも位階が上になっていることに申し訳なさを感じ、大江朝綱を通じて父の昇進を願い出たこともあった。

陰陽道のうち、暦道を子・光栄に、天文道安倍晴明に継がせて、陰陽道宗家を二分したことが知られている。『続古事談』によれば、安倍晴明と賀茂光栄との間で、どちらが師匠の賀茂保憲に気重されていたかの論争があったという。

保憲の残した『暦林』を元に後世書かれた『暦林問答集』は、現代においてもいわゆる旧暦を読む際の重要な資料となっており、後の暦法の発展は彼がいなければなかったといえる。

逸話[編集]

今昔物語集』によれば、幼少時に父が祓いを依頼された際に一緒に付いて行ったところ、祓いの最中に供物に無数のが集っているのが見えたため、父・忠行に告げたという。忠行は、我が子が修行を積まなくても見鬼(鬼を見る能力)の才を身に着けていることに驚き、以後陰陽道を指南したという。

官歴[編集]

系譜[編集]

  • 父:賀茂忠行[3](?-960?)
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 長男:賀茂光栄[3](939-1015)- 従四位下、権暦博士、播磨権介右京権大夫
    • 次男:賀茂光国[4] - 天文得業生、権天文博士、天文博士、内蔵允
    • 三男:賀茂光輔[4] - 紀伝生として撰国史所出仕[5]。従五位下、大外記筑後守
    • 長女:賀茂保憲女 - 歌人。私家集に『賀茂保憲女集』。子に尼僧・縁妙(候名、監の君)[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「當朝以保憲、為陰陽之規模」『左経記
  2. ^ 『地下家伝』
  3. ^ a b 『尊卑分脈』
  4. ^ a b 「賀茂系図」『続群書類従』巻第167
  5. ^ 類聚符宣抄』「第十・可給上日人々」(撰國史所)安和元年8月22日条
  6. ^ 『続本朝往生伝』

登場する作品、古典、古記録[編集]

関連作品[編集]

陰陽師[編集]

陰陽師
陰陽師・安倍晴明を主人公にした夢枕獏の人気小説シリーズ。以下は同作を原作とした他のメディアの作品。

小説[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

  • 久遠の絆
  • ONI零~復活~ 弓弦が五行軍を離脱した後身を寄せている人物で、前鬼村での戦いの果て倒れた司狼丸たちを保護し、居候にしていた。