賃金奴隷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

賃金奴隷(ちんぎんどれい)または賃金奴隷制(ちんぎんどれいせい、: wage slavery)とは、資本主義社会においての労働者奴隷に例えて用いてる言葉である[1]

概要[編集]

1830年代からのアメリカ合衆国においての労働運動が発生した時期には、米北部の労働者の自由というのは彼らの労働を真の価値のひとかけらと交換に売るか飢えるかを選択するということであるとされた。そして北部の労働運動の指導者は、労働者の生活というのは南部奴隷よりもずっとましとは考えておらず、労働者のことを賃金奴隷と表現していた[2]

カール・マルクスは、労働者というのは自由に労働力の売先、買手となる資本家を選択することはできるものの、いずれかの資本家を選択しなければならないという強制によって資本家階級につなぎとめられているとした。そして、このような状態のことをマルクスは「賃金奴隷制」と名付けた[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]