資福寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2018年3月

資福寺(しふくじ)とは、宮城県仙台市青葉区にある臨済宗妙心寺派の寺院である。仙台の北山に並ぶ禅寺北山五山の一地図

概要[編集]

鎌倉時代弘安年間、長井時秀によって米沢近郊の夏刈(山形県高畠町夏茂)に建立される。学問の中心として、関東十刹の一つに挙げられることもある有力寺院であった。南北朝時代長井氏伊達氏に滅ぼされた後も、伊達氏の保護を受ける。

戦国時代には、伊達輝宗虎哉宗乙を招いて住持とし、子の政宗の教育を任せたことで知られる。後には伊達氏の移封に従い、天正19年(1591年)に岩出山慶長5年(1600年)に仙台谷地小路(仙台市東六番丁)、寛永15年(1638年)現在地に移転した。紫陽花の名所で、いわゆる「アジサイ寺」として著名。

資福寺跡(史跡)[編集]

山形県の資福寺跡は、本堂は遺構のみだが、9代政宗の墓、輝宗遠藤基信の墓がそのまま残り、史跡となっている。敷地は現在も仙台伊達家の所有地である。

参考文献[編集]

『高畠町史』 高畠町、1972年