友鹿金氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

友鹿金氏(ゆうろくきんし、朝鮮語: 우록김씨)または賜姓金海金氏(しせいきんかいきんし)は朝鮮の氏族。こうした経緯から、もともとの金海金氏と血縁関係はない[1]本貫は、慶尚南道金海市。人口は、約7000人[2]

歴史[編集]

始祖は、日本の武将とされる沙也可である。文禄・慶長の役のときに、加藤清正の先遣隊として朝鮮へ渡るが、投降した。その後、朝鮮軍に加わって豊臣軍と戦い武勲を挙げ、宣祖から金忠善の名と官位、大邱郊外の友鹿里の領地、金海金氏の姓を賜る[3]

1603年の女真族侵攻の際には自ら志願して10年間国境を防衛した他、1624年の李适の乱では副將として徐牙之を討ち取る功をあげた。 1636年の丙子胡乱では召命を待たず、廣州雙嶺の戦いに参加し、和議成立後に友鹿里に戻った。

金忠善は、慶尚南道晋州牧師張春點の領主の娘を娶って定住した。[4]。その子孫一族が友鹿金氏である[5]

人物[編集]

  • 金致烈:第13代検察総長、第27代法務部長官、第37代内務省
  • カルカナマ:ウェブトゥーン作家
  • キム・ジョンファ:女優

集成村[編集]

 

人口[編集]

始祖金忠善の子孫は約200,000人、友鹿金氏を称する子孫は8000人である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]