賞金首 一瞬八人斬り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
賞金首 一瞬八人斬り
監督 小沢茂弘
脚本 高田宏治・本田達男
出演者 若山富三郎
大木実
瞳順子
内田朝雄
天知茂
音楽 桜井英顕 
撮影 山岸長樹
編集 宮本信太郎
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1972年12月16日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 五人の賞金稼ぎ
テンプレートを表示

賞金首 一瞬八人斬り』(しょうきんくび いっしゅんはちにんぎり)は、1972年12月に公開された日本映画若山富三郎主演の時代劇で、『賞金稼ぎシリーズ』第3作。

あらすじ[編集]

甲州黒戸金山から江戸へ送られる黄金が、伊那山岳党を名乗る者達に奪われた。幕府の必死の捜索にもかかわらず黄金の行方は依然判明しない。老中・堀田、大目付・跡部は賞金稼ぎで名高い小石川の蘭法医・錣市兵衛に五日以内の黄金奪還を依頼した。秘密兵器に身を包んだ市兵衛は、悪党・盗賊の巣食う金山の麓・台ヶ原へと乗り込む。

出演[編集]

<小石川施術所>

  • 千枝(市兵衛の助手・看護師):瞳順子
  • 甚助(出産間近の妊婦を連れた百姓):南利明
  • お里(甚助の妻・妊婦):丸平峰子
  • 悪八坊(黒戸金山からの足抜け):五味龍太郎

<伊那山岳党>

<甲州台ヶ原宿>

<代官所>

  • 代官所門番(夜叉狼の居場所教える):大城泰
  • 下役人(夜叉狼を叩く):白川浩二郎

<甲州黒戸金山>

  • 棺桶辰(黒戸金山人足頭):大木実
  • おかね(女将・棺桶辰の妻):若山ゆかり
  • 熊蔵(子分):関山耕司
  • 松市(山抜け脱走):志賀勝

<尾州>

  • 薊弥十郎(賞金稼ぎの素浪人・元尾州の隠し目付け):天知茂
  • 大庭勘助(弥十郎と内通):田中浩

<幕府>

  • 堀田豊後守正篤(老中・市兵衛の依頼主):内田朝雄
  • 跡部内膳正(鑑定奉行):藤岡重慶
  • 野呂陣内(武州浪人・堀田の隠し目付け):内藤武敏
  • 早崎刑部(棺桶辰の始末):原田力

スタッフ[編集]

関連項目[編集]