賢者の愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
賢者の愛
著者 山田詠美
発行日 2015年1月10日
発行元 中央公論新社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六版
ページ数 272
公式サイト www.chuko.co.jp
コード ISBN 978-4-12-004686-5
ISBN 978-4-12-206507-9(文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

賢者の愛』(けんじゃのあい)は、山田詠美による長編小説。『婦人公論』(中央公論新社)2013年11月7日号から2014年10月7日号に連載、中央公論新社より2015年1月10日に刊行された。谷崎潤一郎著の『痴人の愛』をモチーフに、親友に父と初恋の男性を奪われた主人公が、親友と初恋の男性との間に誕生した息子を20年以上の年月にわたって調教し復讐する姿を描いた愛憎劇[1][2][3]

WOWOWにて2016年8月にテレビドラマ化された[4]

あらすじ[編集]

編集者の父と医師の母のもとで裕福な家庭で育った高中真由子は、隣家に転居してきた成金趣味の家族の長女で2歳年下の朝倉百合と急速に親密になる。しかし真由子が中学3年生の時に百合が原因で父が他界し、さらに21歳の時には百合から幼少時より思いを寄せる澤村諒一の子どもを宿したと知らされ、父と初恋相手を奪われて愛と友情は深い憎しみへと転じる。

真由子は編集者となり、小説家となった諒一と百合との間に誕生した息子の名付け親となって『痴人の愛』のナオミより直巳と命名。以来20年以上にわたって22歳年下の直巳を徹底的に調教することにより復讐を遂げていく[1][2]

登場人物 [編集]

書誌情報[編集]

  • 賢者の愛(2015年1月10日、中央公論新社、ISBN 978-4-12-004686-5)
  • 賢者の愛(2018年1月23日、中公文庫、ISBN 978-4-12-206507-9)

テレビドラマ[編集]

賢者の愛
ジャンル テレビドラマ
原作 山田詠美
脚本 Sawa
監督 源孝志
出演者 中山美穂
高岡早紀
竜星涼
浅利陽介
草村礼子
朝加真由美
榎木孝明
田辺誠一
浅見姫香
上原実矩
川島鈴遥
小林里乃
内田健司
音楽 稲本響
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 加納貴治
堤口敬太
遠田孝一
八巻薫
製作 MMJ
WOWOW
放送
放送チャンネル WOWOWプライム
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年8月20日 - 9月10日
放送時間 土曜 22:00 - 23:00
放送枠 連続ドラマW
回数 4
公式ウェブサイト

WOWOWの「連続ドラマW」枠で2016年8月20日から9月10日まで放送された。連続4回。主演は中山美穂[5][6]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日
第一話 8月20日
第二話 8月27日
第三話 9月03日
最終話 9月10日

関連商品[編集]

DVD
WOWOW 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
希望ヶ丘の人びと
(2016年7月16日 - 8月13日)
賢者の愛
(2016年8月20日 - 9月10日)
ふたがしら2
(2016年9月17日 -10月15日)

脚注[編集]

[ヘルプ]