赤いリボンに乾杯!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
赤いリボンに乾杯
The Horse in the Gray Flannel Suit
監督 ノーマン・トーカー
脚本 ルイス・ペリティア
原作 エリック・ハッチ
製作 ドン・B・テータム
製作総指揮 ロイ・O・ディズニー
音楽 ジョージ・ブランズ
撮影 ウィリアム・スナイダー
編集 ロバート・スタッフォード
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 ブエナ・ヴィスタ・ホーム・エンターテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年12月20日
日本の旗 1970年6月27日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

赤いリボンに乾杯!」(あかいリボンにかんぱい!、原題:The Horse in the Gray Flannel Suit)は1968年アメリカ合衆国コメディ映画

上映データ[編集]

公開日
上映時間
1968年 12月20日 アメリカ合衆国 95分
1969年 2月7日 ブラジル
1970年 2月24日 ノルウェー
3月20日 フランス
4月11日 アイルランド
6月27日 日本
1971年 2月22日 デンマーク
サイズ カラー シネマスコープ

あらすじ[編集]

ニューヨークの広告代理店フレッドは二つの要求に頭を抱えていた。製薬会社からは新しい消化剤"アスパセル"の宣伝計画を立てろと迫られ、娘からは馬をねだられていた。 困り果てたフレッドは、娘のために馬を買い、その馬に新薬の名前を付けて馬術大会に出すという作戦をとった。 製薬会社の社長は大喜びし、娘も騎手デビューを果たせると喜んだ。 馬術クラブの美人スージーの協力の元、アスパセル号の馬術大会に向けた特訓が始まった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作総指揮 ロイ・O・ディズニー
製作 ドン・B・テータム
原作 エリック・ハッチ
脚本 ルイス・ペリティア
音楽 ジョージ・ブランズ
撮影 ウィリアム・スナイダー
美術 キャロル・クラーク、ジョン・B・マンスブリッジ
録音 ディーン・トーマス
音響スーパーパーザー ロバート・O・クック
編集 ロバート・スタッフォード
製作担当者 ジョン・D・ブロス
音楽編集 イヴリン・ケネディ
制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション
プロデューサー ウィンストン・ヒブラー
演出補佐 ラリー・ランズバーグ
監督 ノーマン・トーカー
配給 ブエナ・ヴィスタ・ホーム・エンターテイメント

出典・参考文献[編集]

  • デイヴ・スミス 『Disney A to Z/The Official Encyclopedia オフィシャル百科事典』 ぴあ2008年。ISBN 483561691X。