赤い灯をつけるな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
赤い灯をつけるな
Le rouge est mis
監督 ジル・グランジェ
脚本 オーギュスト・ル・ブルトン
ジル・グランジェ
原作 オーギュスト・ル・ブルトン
撮影 ルイ・パージュ
配給 フランスの旗 ゴーモン
公開 フランスの旗 1957年4月12日
日本の旗 1957年7月26日
上映時間 85分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

赤い灯をつけるな』(あかいひをつけるな、Le rouge est mis)は、1957年フランス犯罪映画。脚本を担当したオーギュスト・ル・ブルトンによる同名小説を原作としている。出演はジャン・ギャバンなど。

映画にはパリ警視庁の所在地であるオルフェーヴル河岸36番地が登場する[1]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1965年1月16日 NETテレビ 15:15-17:15)

スタッフ[編集]

  • 監督:ジル・グランジェ
  • 脚本:オーギュスト・ル・ブルトン、ジル・グランジェ
  • 撮影:ルイ・パージュ

出典[編集]

  1. ^ Isabelle Blondel, Olivier Delacroix, Alice Develex, Nicolas d'Estienne d'Orves, Bertrand Guyard, Colette Monsat, Marie-Noëlle Tranchant et Florence Virerron, « Si le Paname d'Audiard m'était conté », Le Figaroscope, semaine du 10 au 16 mai 2017, pages 8-10.