赤と黒 (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

赤と黒』(あかとくろ)は、宝塚歌劇団のミュージカル作品。原作はスタンダール同名小説。脚本が菊田一夫版(1957年初演)と柴田侑宏版(1975年初演)がある。

柴田侑宏版の初演時タイトルは「恋こそ我がいのち -スタンダール作「赤と黒」より-[1]」であった。

あらすじ[編集]

貧しい家庭出身の美青年、ジュリアン・ソレルは立身出世のため聖職者を志し、司祭の紹介で町長のレナール家でラテン語家庭教を務める。やがてレナール夫人と激しい恋に落ちるが、密告によりレナール家から追放される。

ジュリアンは神学校に入学するも退学。今度はラモール侯の秘書を務め、積極的な令嬢マチルドとやがて恋に落ち結婚を決意する。ところがラモール侯がレナール家にジュリアンの過去を問いただしたところ、かつての不倫が露見。推薦文を依頼したレナール夫人の「女を手に入れ、財産を狙う男」という手紙により、結婚は白紙に戻された。

出世の道を断たれたジュリアンは故郷に戻る。そして教会で祈りを捧げるレナール夫人を見かけたとき、彼は彼女を銃撃してしまう…。

登場人物[編集]

  • ジュリアン・ソレル - ナポレオンを崇拝するが、出世のために聖職者を志す。
  • レナール夫人 - 町長レナール氏の貞淑な妻
  • フーケ - ジュリアンの友人
  • マチルド - ラモール侯爵令嬢。ジュリアンを誘惑し、やがて恋に落ちる。

楽曲[編集]

これまでの上演[編集]

菊田版[編集]

1957年花組[2][3]・初演
9月1日から9月29日[2][3]宝塚大劇場で上演。東京では未公演。
演出は高木史朗[2][3]
正式なタイトルは『赤と黒』 -ジュリアン・ソレルの恋と人生-[3]
形式名は「グランド・ミュージカル[3]」。二部34場[3]
併演作品のない一本立ての作品。
上演当時は内容が宝塚向きでないとされ、賛否両論があった[3]

柴田版[編集]

1975年月組[4]・初演
10月2日から11月11日[1][5](新人公演:10月25日[6])に宝塚大劇場で、1976年3月3日から3月24日[7][8](役替わり公演:3月14日[6]、新人公演:3月19日[6])に東京宝塚劇場で上演。併演はグランド・レビュー『イマージュ[4][9]
宝塚の形式名は「ミュージカル・ロマン[1]」で12場[1]
東京公演時に、「赤と黒」へ改題。
本来の月組トップ娘役初風諄はヨーロッパ公演参加および星組公演『ベルサイユのばらⅢ』への特別出演等のため大劇場・東京とも全日程休演、そのため舞小雪がヒロイン・レナール夫人をつとめた。
主演の大は翌年6月の大劇場公演『スパーク&スパーク/長靴をはいた猫』千秋楽をもって歌劇団を退団しており、本作が大がトップとしての最後の東京公演であった。
新人公演・配役
役替わり公演・配役[6]
1989年月組
月組が2月4日から2月14日[10]宝塚バウホールで、1990年1月4日から1月10日[11]日本青年館で上演。
東京の主な出演[11]は涼風真世、朝凪鈴、羽根知里、天海祐希、未沙のえる、愛川麻貴のほか、幸風イレネ、大峰麻友、波音みちる、八汐祐季、若央りさ、久世星佳
2008年星組
3月13日から3月25日梅田芸術劇場のシアター・ドラマシティ、3月31日から4月7日日本青年館、4月12日から4月14日愛知厚生年金会館で上演。演出は中村暁が担当。
主演の安蘭けいは、長年ジュリアン役を熱望していた。

配役及びスタッフ[編集]

()は劇場場所。不明点は「?」とする。

本公演キャスト
  1957年花組
(宝塚)[注 1]
1975年月組
(宝・東)
1989年月組
(バウ)
1990年月組
(青年館)
2008年星組
(梅芸・青年館・愛知)
ジュリアン 寿美花代[3] 大滝子[6] 涼風真世[10][11] 安蘭けい[12][13][14]
レナール夫人 淀かほる[3] 舞小雪[6] 朝凪鈴[10][11] 遠野あすか[12][13][14]
マチルド 鳳八千代 小松美保[6] 羽根知里[10][11] 夢咲ねね[12][13][14]
フーケ ? 瀬戸内美八 天海祐希[10][11] 柚希礼音[12][13][14][注 2]
コラゾフ公爵 ? 藤城潤 久世星佳[10] 久世星佳 柚希礼音[12][13][14][注 3]
レナール氏 神代錦 天城月江 未沙のえる[10][11] 立樹遥[12][13][14]
ノルベール伯 ? 尚すみれ 若央りさ[10] 若央りさ 涼紫央[12][13][14]
ピラール校長 ? ? 幸風イレネ 磯野千尋[12][13][14]
シェラン司祭 ? ? 真樹ゆたか[10] 波音みちる 英真なおき[12][13][14]
ヴァルノ氏 ? ? 大和なつ希[10] 大峯麻友 にしき愛[12][13][14]
ナピエ大司教 ? ? ? 紫蘭ますみ[12][13][14]
フリレール副司教 ? ? ? 美稀千種[12][13][14]
ヴァランタン夫人 ? ? ? 百花沙里[12][13][14]
ベルジュ夫人 ? ? ? 毬乃ゆい[12][13][14]
サンクレール夫人 ? ? ? 星風エレナ[12][13][14]
デルヴィール夫人 ? ? 並樹かおり 蘭玲花 琴まりえ[12][13][14]
門番 ? ? ? 美城れん[12][13][14]
ラパン ? ? ? 天霧真世[12][13][14]
クロワズノワ侯爵 ? 叶八千矛 八汐祐季[10] 八汐祐季 和涼華[12][13][14]
ラ・ジュマート男爵 ? ? 真織由季 彩海早矢[12][13][14]
貴族の女 ? ? ? 花愛瑞穂[12][13][14]
フェルバック元帥夫人 ? ? 朝吹南 華美ゆうか[12][13][14]
看守 ? ? ? 天緒圭花[12][13][14]
貴族の女 ? ? ? 初瀬有花[12][13][14]
マリアンヌ ? ? ? 純花まりい[12][13][14]
サンジャン ? ? ? 水輝涼[12][13][14]
アドルフ ? ? 果林いずみ ? 如月蓮[12][13][14]
スタニスラス ? ? 美原志帆 白妙なつ[12][13][14]
ミリアム ? ? 花丘美幸 花風みらい[12][13][14]
エリザ ? ? 麻乃佳世[10] 麻乃佳世 稀鳥まりや[12][13][14]
ラモール侯 美吉佐久子 美吉佐久子/藤城潤 愛川麻貴[10][11] 萬あきら[12][13][14]
スタッフ
  1957年花組
(宝塚)
1975年月組
(宝塚)
1975年月組
(東京)
1989年月組
(バウ)
 1990年月組
(青年館)
2008年星組
(梅芸・青年館・愛知)
脚本 菊田一夫[2] 柴田侑宏[1][5] 柴田侑宏[7][10][11][15]
演出 高木史朗[2][3] 柴田侑宏[1][5] 柴田侑宏[7][10][11] 中村暁[15]
音楽 入江薫[16]
山根久雄[16]
堤五郎[16]
中元清純[16]
河崎恒夫[16]
寺田瀧雄(作曲・編曲)[17]
河崎恒夫(編曲)[17]
? 寺田瀧雄(作曲・編曲)[10]
吉田優子(編曲)[10]
? ?
音楽指揮 ? 野村陽児[17]
溝口堯[17]
? ? ? ?
振付 玉田祐三[16]
渡辺武雄[16]
河上五郎[16]
喜多弘[17]
羽山紀代美[17]
? 羽山紀代美[10] ? ?
装置 渡辺正男[16] 黒田利邦[17] ? 大橋泰弘[10] ? ?
衣装 平尾文男[16]
静間潮太郎[16]
阿南真以由[16]
小西松茂[17] ? 任田幾英[10] ? ?
照明 今井直次[16][18] ? 今井直次[10] ? ?
音響 ? 松永浩志[18] ? ? ? ?
小道具 生島道正[16] 上田特市[18] ? ? ? ?
効果 松岡知一[16] 坂上勲[18] ? ? ? ?
特殊撮影 宝塚映画撮影所[16] ? ? ? ? ?
演出補・演出助手 ? 村上信夫(助手)[18] ? 村上信夫(補)[10]
正塚晴彦(補)[10]
? ?
製作 ? ? ? 細田勝幸[10] ? ?
制作 ? 橋本雅夫[18] ? 飯島健[10] ? ?

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一部人物表記が柴田版とは異なる(例:レナル夫人)が、便宜上同じに扱った。
  2. ^ コラゾフ公爵と2役
  3. ^ フーケと2役

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英 『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』 宝塚歌劇団、1994年9月9日ISBN 4-924333-11-5。
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日ISBN 978-4-484-14600-3。
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日ISBN 978-4-484-14601-0。