赤坂ドリブンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤坂ドリブンズ
2018年創設(2年目)
所属選手
戦績
優勝
ファイナル進出
  • 2018-19
最高順位
ファイナル:優勝 
レギュラーシーズン:4位 
オーナー企業
博報堂DYメディアパートナーズ

赤坂ドリブンズ(あかさかドリブンズ)は、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ・Mリーグのチーム。博報堂DYメディアパートナーズがオーナー企業となり、2018年に設立された。Mリーグの初代優勝チーム[1]

略歴[編集]

2018年8月7日に行われた第1回Mリーグドラフト会議において、1巡目に無冠ながら最高位戦準優勝の経験を持つ園田賢、2巡目に最高位3期などの実績を持つ村上淳、3巡目に雀王4期・最強位などの実績をもつ鈴木たろうを指名した。3巡目のたろうは、渋谷ABEMASU-NEXT Piratesと重複指名となったが、監督の越山剛が当たりクジを引き当て、獲得となった[2]

村上・たろうについては、所属団体のトップタイトルを複数回獲得している。また園田を含め、全員が各団体におけるトップリーグ所属選手の起用となった。

2018年度レギュラーシーズンでは、無冠で知名度が低かった園田が、一時個人首位に立つなどチームを牽引。11月から1月までEX風林火山と首位争いを繰り広げたものの、2月に大きく崩れ4位転落。辛くもファイナル出場圏内に踏みとどまった。ファイナルシーズンでは、初日から3連勝を決めるなど終始強さを見せた。たろうの+339.2ptを筆頭に、個人成績3位までを独占し、初年度優勝チームに輝いた。

2019年7月9日に行われた第2回Mリーグドラフト会議では、レギュレーション改定により女流選手の指名が義務付けられた。4人目の選手として、最高位戦より丸山奏子を指名した[3]。丸山はプロ2年目の無名選手であるが、「育成枠」と位置付けられ、既存3選手の指導を受けながら参戦することとなった[4]

所属選手[編集]

シーズン 選手
2018-19 園田賢 鈴木たろう 村上淳
2019-20 丸山奏子

監督 [編集]

越山 剛
基本情報
出身地 東京都大田区[5][6]
生年月日 (1973-03-23) 1973年3月23日(46歳)[5][6]
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会[5][6]
Mリーグ
2018[7] - 赤坂ドリブンズ
テンプレートを表示

赤坂ドリブンズの監督を務める越山 剛(こしやま ごう、1973年3月23日[5][6] - )は、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士であり[5][6]、広告代理店である博報堂の社員でもある[7]東京都大田区出身で、血液型はO型[5][6]

越山は1996年に博報堂に入社したのち、同社の営業局に在籍していた[7]。2000年からは博報堂DYメディアパートナーズのスポーツ事業局に異動となり、スポーツ関連のマネジメント事業などをこなす[7]。その後はビジネス開発局への在籍期間を挟み、2015年からは博報堂コンテンツビジネス室所属となった[7]。その一方で越山は2014年に最高位戦日本プロ麻雀協会[5]第39期後期会員として麻雀プロとなった[6]。その後、2018年のMリーグ発足に際し、初代チェアマンの藤田晋が社長を務めるサイバーエージェントと交流のあった博報堂がチームのサポート企業として参入することになり、藤田とも関わりのあった越山がチーム監督として起用された[7]。赤坂ドリブンズの監督としては、メンバースカウトや[8]出場選手の決定役などを務めている[9]。個人としては、2020年時点で最高位戦のD2リーグに所属している[6]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン 順位 総合 選手・得点
2018-19[10] 4位 -8.7 園田賢 123.2 鈴木たろう 30.1 村上淳 -162.0
2019-20

セミファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 ファイナル
2019-20

ファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 ファイナル
2018-19[11] 優勝 594.5 -4.3 598.8
2019-20

個人成績[編集]

選手別成績[編集]

シーズン 園田賢 村上淳 鈴木たろう 丸山奏子
2018-19[12] 123.2 30.1 -162.0
2019-20

脚注[編集]

  1. ^ 赤坂ドリブンズが初代王者 Mリーグファイナル最終日デイリースポーツ 2019年4月2日
  2. ^ 「Mリーグ」ドラフト会議2018” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2018年8月8日). 2019年11月4日閲覧。
  3. ^ 2019シーズンドラフト会議開催 8人が指名・交渉へ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年7月9日). 2019年11月4日閲覧。
  4. ^ 広報, 赤坂ドリブンズ. “「7ソーは手出しです」から始まるシンデレラストーリー Mリーグドラフト会議2019 赤坂ドリブンズ丸山指名の裏側” (日本語). 麻雀ウォッチ. 2019年11月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 越山 剛(最高位戦日本プロ麻雀協会)”. 麻雀ウォッチ. ムー (2018年1月1日). 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 越山 剛”. 最高位戦日本プロ麻雀協会. 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 麻雀プロチーム戦「Mリーグ」の初代覇者・赤坂ドリブンズに聞く、ビジネスチャンスとチーム運営【前編】”. センタードット. 博報堂 (2019年6月5日). 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  8. ^ 麻雀ウォッチ編集部 (2019年1月4日). “「目指したのは最適戦術を1から作っていけるチーム」赤坂ドリブンズ越山監督インタビュー第1回(全3回)”. 麻雀ウォッチ. ムー. 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  9. ^ 麻雀ウォッチ編集部 (2019年1月6日). “「もっと3人で飲みにいってほしい。3人で飲みにいく環境を整えるのも監督の仕事」赤坂ドリブンズ越山監督インタビュー第3回(全3回)”. 麻雀ウォッチ. ムー. 2020年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  10. ^ RANKING”. M.LEAGUE. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月16日閲覧。
  11. ^ RANKING”. M.LEAGUE. 2019年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月30日閲覧。
  12. ^ RANKING”. M.LEAGUE. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月16日閲覧。