赤坂太輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
赤坂 太輔
生誕 1965年(54 - 55歳)[1]
日本の旗 日本
別名 赤坂 大輔[2]
職業 映画批評家

赤坂 太輔(あかさか だいすけ、1965年 - )は、日本の映画批評家である。

経歴[編集]

シネクラブ「New Century New Cinema」を主催し、ポルトガル、フランス、ドイツ、オランダ、グルジア、ラテンアメリカなど20年にわたって世界各国の未公開の傑作を紹介上映してきた[3]。2014年は「アルゼンチン映画の秘宮」で新しい作家たちを日本に紹介した[4]。近年はイギリスのSight&Sound、フランスのDerive、イタリアのLa Furia Umana、スペインのe-lumiere、ペルーのdesistfilm、中央評論、NOBODY等に寄稿。2015年よりNOBODYに「メディア批判としての現代映画」連載中。企画・共著『マノエル・ド・オリヴェイラと現代ポルトガル映画』。2008年より立教大学講師。

2005年に立ち上げた同名ウェブサイトでのジャン=クロード・ルソー[5]が映画雑誌『Derives』に転載されたのをきっかけに、海外の雑誌で映画批評の執筆をはじめる[6]

1997,1999年アテネ・フランセ文化センターにおいて「ポルトガル映画講座」をプロデュースし、ペドロ・コスタジョアン・セーザル・モンテイロを日本に紹介したほか、2001〜2005年にかけてはハルトムート・ビトムスキー[7] 、ハルーン・ファロッキ、ペーター・ネストラー、フランス・ファン・デ・スタークらの紹介と上映、2009年にはルドルフ・トーメ『島の探求』の日本上映を実現させた[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 赤坂大輔「超現代映画論」”. Brainz (2008年). 2014年2月20日閲覧。
  2. ^ Profiles”. New Century New Cinema. 2014年2月20日閲覧。
  3. ^ information”. 2015年6月20日閲覧。
  4. ^ 赤坂太輔氏インタビューⅡ《アルゼンチン映画の秘宮 New Century New Cinema》に向けて”. 2015年5月14日閲覧。
  5. ^ 2005 画面から音へ ジャン=クロード・ルソー、モンテイロの『白雪姫』、ネストラー、ストローブ=ユイレ”. 2015年2月14日閲覧。
  6. ^ 赤坂太輔氏インタビュー/”. 2014年2月20日閲覧。
  7. ^ ハルトムート・ビトムスキー インタヴュー”. 2014年2月20日閲覧。
  8. ^ あなたは映画作家・ルドルフ・トーメを知っているか?貴重な上映会開催”. Web Dice (2009年11月14日). 2014年2月20日閲覧。