赤坂泰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あかさか やすひこ
赤坂 泰彦
生年月日 (1959-11-25) 1959年11月25日(60歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
ジャンル ラジオDJタレント司会者俳優ミュージシャン作詞家
活動期間 1982年 -
テンプレートを表示

赤坂 泰彦(あかさか やすひこ、1959年11月25日 - )は、東京都出身の日本のラジオDJタレント司会者俳優ミュージシャン作詞家である。

略歴[編集]

東京都生まれ。同目黒区で育ち、日本大学櫻丘高等学校卒業。 千葉商科大学中退[要出典]

1982年(昭和57年)、ロックバンド「東京JAP」のドラマーとしてCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)からデビュー。代表曲は「摩天楼ブルース」。バンド活動停止以降、憧れであったDJの道を本格的に志し、TBSラジオ等で活動を始める。

数本の深夜番組を担当。中でもFMナイトストリート『PAJAMA PRESS』(JFN1988年10月 - 1994年3月)で根強い人気を得る。1989年からTOKYO FMの夕方ワイド番組 『TOKYO POP ARENA』を担当。同番組は後に、『DANCE SHIP TOKYO』と改題され、3年半に亘って担当する。

1992年平成4年)『夢がMORI MORI』(フジテレビ系)にキックベースの実況として出演し、独特の言い回しを披露していた。スタート当初は顔出ししていなかった為、視聴者から番組に「顔を見てみたい」の声が寄せられ顔を出し、それ以降、番組進行役として顔出し出演もするようになる。

またこの時期(1992年4月 - 1993年3月)、テレビ神奈川(TVK)の生放送音楽番組『ファンキートマト'92('93)』にも番組後半のレギュラーとして出演していた。

1993年平成5年)4月1日、JFN系『赤坂泰彦のMillion Nights』の放送が始まり、1994年にこの番組での活躍が認められ、第31回ギャラクシー賞で、DJパーソナリティ賞(この年より個人賞から転換)を受賞した[1]

1995年平成7年)4月25日、TOKYO FM 開局25周年記念特別番組『赤坂泰彦の東京・ニューヨーク25時間スペシャル』をニューヨークから生放送。この時、憧れのウルフマン・ジャックとダブルDJを行う。

1997年9月30日、『Million Nights』降板(番組自体は1999年3月に終了)。日本テレビ系『THE夜もヒッパレ』のMCなど、その後もテレビ、ラジオのレギュラー番組を多数抱えた。

1997年10月、赤坂単独としては初[2]AMラジオレギュラー番組として、ニッポン放送で『オールナイトニッポン』の日曜版『赤坂泰彦のオールナイトニッポン電話リクエスト』がオンエアされる。

1998年長野五輪聖火ランナーとして長野県飯田市内を走る。

人物[編集]

  • テレビ番組で司会やコメンテーターなどで出演する時はトーンを抑えた理知的なキャラクターだが、ラジオ番組のDJではそれとは別人のようにハイテンションに振る舞う。『ミリオンナイツ』の「うさんくさいポップス」のコーナーでは、曲の趣旨や歌っている歌手を問わずツッコミを繰り返していた。
  • ビリヤード愛好家であり、テレビ番組でも『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』(フジテレビ、2012年6月16日)や、『ビリヤード8』「芸能人最強8ボールプレイヤー決定戦」(テレビ神奈川、2016年12月8日)で腕前を披露している。また、金子昇とともにビリヤード普及推進委員会のポスターに起用された。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

FM[編集]

インターネット[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

FM
  • トーキョー・ポップ・アリーナ(TOKYO FM
  • パジャマプレス(JFN、1988年10月 - 1994年3月)
  • ダンス・シップ・トーキョー(TOKYO FM、1990年10月 - 1993年3月)
  • ミリオンナイツ(TOKYO FM、1993年4月1日 - 1997年9月30日)
  • TOKYO FM 開局25周年記念特別番組『赤坂泰彦の東京・ニューヨーク25時間スペシャル』(TOKYO FM、1995年4月25日20:00 - 4月26日21:00)
  • DJ赤坂のスタンダード・レディオ(TOKYO FM、1997年10月 - 1998年3月)
  • 赤坂泰彦のthis is the RADIO(Air-G'やK-MIXなど複数のFM局※沖縄のみAM※で週1回55分間放送、オンエア時間帯等は各局によって異なっていた。1998年4月 - 2001年9月)
  • Heart-Beat Style(TOKYO FM、2001年4月 - 2002年3月)
  • OLEっちbayfmNACK5Fm yokohamaRBCiラジオ)(2003年4月 - 2005年9月、番組自体は2006年6月に終了)
  • 赤坂泰彦 Morning Groove 〜ONE ON ONE〜InterFM、2005年7月4日 - 2006年3月30日)
  • DJ AKASAKA Mail VoxHFM※中国地方4局ブロック番組)
  • A'll that RADIO(TOKYO FM、2006年4月3日 - 2008年3月27日)
  • Check the CM Song(TOKYO FM)
  • 特別番組 音楽のチカラ(JFN系、2011年3月 - 6月)
  • 赤坂泰彦のディア・フレンズ(JFN、2006年4月3日 - 2011年9月29日)
  • BACK TO THE 原点(TOKYO FM、2009年10月4日 - 2011年9月25日)
  • 今日は一日○○三昧「今日は一日“矢沢永吉”三昧」(NHK-FM、2012年8月4日)
  • FM AICHI 45th Anniversary Special Program“Make A Smile”(@FM、2014年4月29日・12月23日)
  • Radio Freaks(@FM、2015年4月6日 - 2019年3月25日)
  • FM PORT Holiday Special“Radio & Me”(FM PORT、2016年5月3日・2017年5月3日)
  • TOKYO FM サンデースペシャル New 20's Birth Year Songs(TOKYO FM、2017年1月22日)
  • 夜のプレイリスト(NHK-FM、2019年4月9日 - 2019年4月13日)
AM

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

作詞[編集]

  • 尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)パート3 (まりちゃんズと共同作詞、1994年。行方不明〈いがたふみあき〉名義でプロデュースも行う)
  • ありがとう…勇気TOKIOの楽曲、1996年)

脚注[編集]

  1. ^ 第31回ギャラクシー賞受賞作品 放送批評懇談会公式ウェブサイト
  2. ^ 初のラジオDJとしてはTBSラジオである(2006年7月23日「伊集院光日曜日の秘密基地」に赤坂本人がゲスト出演した際に発言)が、その際は「東京JAP」としての担当であった。

関連項目[編集]