赤坂真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤坂 真理(あかさか まり、1964年5月13日 - )は、日本の小説家

来歴[編集]

東京都杉並区高円寺出身。吉祥女子高等学校慶應義塾大学法学部政治学科卒業。ボンデージファッションと思想の雑誌「SALE2(セール・セカンド)」の編集長をつとめる。

1995年、「起爆者」で小説家デビュー。1999年、『ヴァイブレータ』が第120回芥川賞(1998年下半期)の候補となる。2000年、『ミューズ』が第122回芥川賞(1999年下半期)の候補となる。『ミューズ』、第22回野間文芸新人賞受賞。2003年、『ヴァイブレータ』は廣木隆一監督、荒井晴彦脚本、寺島しのぶ主演で映画化された。2012年、『東京プリズン』により第66回毎日出版文化賞、第16回司馬遼太郎賞受賞。2013年、同作により第23回紫式部文学賞受賞。

現在、文化学院総合芸術学科文芸コース講師を務める[1]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 『蝶の皮膚の下』(1997年、河出書房新社、のち文庫)
  • 『ヴァイブレータ』(1999年、講談社、のち文庫)
    • 初出:『群像』1998年12月号
  • 『ヴァニーユ』(1999年、新潮社 / 『ヴォイセズ/ヴァニーユ』講談社文庫)
(ヴァニーユ、白い脂の果実、ヴォイセズ)
  • 『コーリング』(1999年、河出書房新社、のち講談社文庫)
(コーリング、最大幅七ミリ、起爆者、フィギュアズ、水の膚、雨)
  • 『ミューズ』(2000年、文藝春秋、のち講談社文庫)
初出:『文學界』1999年12月号
  • 『彼が彼女の女だった頃』(2003年、講談社)
    • 幻の軍隊
    • 旅をする者
    • 響き線(『群像』2003年1月号)
    • 僕が眠りにつくときに
    • 黄泉への道
    • 接続体
    • 原形質の甘い水(『群像』2000年6月号)
    • 彼が彼女の女だった頃
  • 『太陽の涙』(2008年、岩波書店)
  • 『東京プリズン』(2012年、河出書房新社 のち文庫)

評論など[編集]

  • 『ボンデージ・ファッション』(1991年、大類信共編著、二見文庫)
  • 『ボンデージ・コミックス』(1992年、大類信共編著、二見文庫)
  • 『肉体と読書』(2005年、講談社)
  • 『モテたい理由 男の受難・女の業』(2007年、講談社現代新書
  • 『愛と暴力の戦後とその後』(2014年、講談社現代新書)
  • 『日本の反知性主義』(2015年、内田樹高橋源一郎ほか共著、晶文社

単行本未収録作品[編集]

  • スリーパーズ(『野性時代』2005年11月号 - 2007年9月号)
  • 箱の中の天皇(『文藝』2018年冬季号)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 専門課程の講師陣一覧|専門学校 文化学院
  2. ^ 信濃毎日新聞.2015年1月31日
  3. ^ 信濃毎日新聞.2015年2月28日