赤堀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

赤堀(あかほり・あかぼり)は日本の地名、および姓氏(地名姓)。

地名・地域名[編集]

群馬県の旧自治体
  • 赤堀町(あかぼりまち) - 旧佐波郡に帰属していたかつての町。現在は新設合併により伊勢崎市(2代目)の赤堀地域となり、合併以降の赤堀(あかぼり)と名が付く地名(町)は2つのみ(旧市域に町名が重複するところがあったための措置)。
それ以外の地名・地域名

姓氏[編集]

  • 赤堀氏(あかほりし) - 日本の戦国時代における北勢四十八家の一つ。
    • このうち、その四日市赤堀地域における赤堀御三家(浜田・羽津・赤堀)の一つ。
  • 日本の姓氏。三重・群馬両県に多く見られる(後者の県にも多いのは、重複する地名・地域名に2市町存在するため)。

関連項目[編集]

  • 島田事件 - 静岡県同名の都市にちなみ命名された四大死刑冤罪事件の一つ。別名として、犯人の一人の姓から赤堀事件ともいわれた。