赤尾彦作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤尾彦作

赤尾 彦作(あかお ひこさく、慶応3年4月15日1867年5月18日) - 昭和28年(1953年11月26日)は、日本の政治家弁護士実業家衆議院議員横浜弁護士会会長

経歴[編集]

1867年(慶応3年)-甲斐国(現山梨県)に生まれる。

1889年(明治22年)-和仏法律学校(現在の法政大学)を卒業し、1893年(明治26年)に横浜市弁護士を開業する。

1902年(明治35年)-横浜市会議員当選(以後1942.9まで連続10期当選)する。

1903年(明治36年)-横浜電気軌道株式会社取締役に就任し、1909年(明治42年)平沼銀行を創立に参画し、同年横浜取引所顧問に就任する。

1917年(大正6年)-第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選(立憲政友会)する。

1932年(昭和7年)-横浜弁護士会会長に就任する。

1942年(昭和17年)-横浜市顧問、1946年(昭和21年)横浜市監査委員に就任する。

1953年(昭和28年)11月26日-死去。

人物[編集]

横浜市の政友派勢力の指導的人物で、民政派の三宅磐と共に大正末から昭和戦前期にかけて横浜の「協調市政」時代を作った。

戦後は横浜市の監査委員を務め、大正から昭和戦後期にかけて横浜市政に関わった長老政治家である。

参考文献[編集]

  • 『市史研究よこはま4号』(1990)
  • 『市史研究よこはま5号』(1991)