赤崎義則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤崎 義則
あかさき よしのり
生年月日 (1927-09-11) 1927年9月11日
出生地 日本の旗 日本鹿児島県
没年月日 (2019-04-12) 2019年4月12日(91歳没)
死没地 鹿児島県鹿児島市
出身校 鹿児島農林専門学校(現在の鹿児島大学農学部
前職 地方公務員鹿児島市助役
所属政党 無所属
称号 鹿児島市名誉市民
長沙市名誉市民

Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg 第19代 鹿児島市長
当選回数 5回
在任期間 1984年12月 - 2004年12月
テンプレートを表示

赤崎 義則(あかさき よしのり、1927年9月11日 - 2019年4月12日)は、日本政治家。元鹿児島市長(第19代、5期)[1]。元鹿児島市助役(第24代)[2]

来歴[編集]

鹿児島県出身。1949年鹿児島農林専門学校(現鹿児島大学農学部)卒業。同年鹿児島市役所に入る。市役所では農林部経営課長、指導課長、財政部管財課長、行政部職員課長、行政部長、総務局長を経て、1984年3月助役に就任した[3]

同年12月に前任の山之口安秀が病気を理由に辞職したことにより行われた、鹿児島市長選挙に立候補して初当選[3]。以来5期務めた。任期中の1993年平成5年)には、鹿児島市を中心に甚大な被害をもたらした平成5年8月豪雨が発生し、災害復旧・復興や石橋の移設を行い、2004年平成16年)の市町村合併の際には周辺5町を鹿児島市に編入する際の主導的役割を担った[1]

また、1999年平成11年)から2001年平成13年)の間、全国市長会会長(第23代)に就任していた[4]

2004年の市長選には立候補せず引退した。なお、就任期間の5期20年は歴代の鹿児島市長では最長である(2015年現在)[1]

2019年4月12日、胃がんのため、鹿児島市の自宅で死去[5][6][7]。91歳没。

称号等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『鹿児島市史第5巻』 pp.24-25、鹿児島市、2015年
  2. ^ 『鹿児島市史第4巻』 p.27、鹿児島市、1990年
  3. ^ a b 『鹿児島市史第4巻』 pp.24-25、鹿児島市、1990年
  4. ^ 全国市長会の概要 - 全国市長会、2015年11月24日閲覧。
  5. ^ 前鹿児島市長・赤崎義則さん死去 元全国市長会長:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月12日閲覧。
  6. ^ 赤崎義則氏が死去 元鹿児島市長” (日本語). 日本経済新聞 (2019年4月12日). 2019年4月12日閲覧。
  7. ^ 赤崎義則前鹿児島市長が死去 - MBCニュース(南日本放送)2019年4月12日
  8. ^ 長沙・鹿児島市友好交流祝賀会 - 鹿児島市日中友好協会、2015年11月24日閲覧。
  9. ^ 名誉市民 - 鹿児島市、2015年11月24日閲覧。

参考文献[編集]


公職
先代:
山之口安秀
Shadow picture of Kagoshima city.svg 鹿児島市長 Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg
第19代:1984 - 2004
次代:
森博幸