赤川学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤川 学
(あかがわ まなぶ)
人物情報
全名 赤川 学(あかがわ まなぶ)
生誕 (1967-09-05) 1967年9月5日(50歳)
日本の旗 日本石川県
学問
時代 20世紀
21世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 社会学
歴史社会学
研究機関 東京大学
岡山大学
信州大学
学位 博士(社会学)東京大学・1999年)
主要な作品 『セクシュアリティの歴史社会学』
『構築主義を再構築する』
テンプレートを表示

赤川 学(あかがわ まなぶ、1967年9月5日 - )は、日本の社会学者東京大学大学院人文社会系研究科准教授博士(社会学)。専門は近代日本を舞台としたセクシュアリティ歴史社会学

略歴[編集]

石川県生まれ。1990年東京大学文学部社会学専攻を卒業、1995年同大学院社会学研究科博士課程を中退、信州大学人文学部人間情報学科文化情報論講座助手に就任。1999年、「セクシュアリティの歴史社会学」で博士(社会学)を取得[1]。同年岡山大学文学部行動科学科社会学・文化人類学講座専任講師。2001年助教授ののち、2002年信州大学人文学部人間情報学科文化情報論講座助教授、2006年東京大学大学院人文社会系研究科社会学専門分野助教授、2007年准教授。

活動[編集]

大学院時代以来、ミシェル・フーコー言説分析の手法を学び、ポルノグラフィを題材として、近代日本のセクシュアリティの脱構築をはかっている。その成果は、『性への自由/性からの自由』(1996年)、『セクシュアリティの歴史社会学』(1999年)として刊行された。2006年には、『セクシュアリティの歴史社会学』以後の構築主義研究、歴史社会学研究を中間総括し、『構築主義を再構築する』を上梓している。

2004年の『子どもが減って何が悪いか!』では、男女共同参画社会の実現が少子化の問題を解決するというフェミニストの言説を批判した。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『性への自由/性からの自由――ポルノグラフィの歴史社会学』青弓社、1996年
  • 『セクシュアリティの歴史社会学』勁草書房、1999年
  • 『子どもが減って何が悪いか!』ちくま新書、2004年
  • 『構築主義を再構築する』勁草書房、2006年
  • 『社会問題の社会学』弘文堂、2012年
  • 『明治の「性典」を作った男 謎の医学者・千葉繁を追う』筑摩書房〈筑摩選書〉、2014年
  • 『これが答えだ!少子化問題』ちくま新書、2017年 

共編著[編集]

  • 『家族はどこへいく』(岩上真珠、立山徳子、沢山美果子と共著)青弓社、2007年
  • 『方法としての構築主義』(中河伸俊と共編)勁草書房、2013年 

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 赤川学. “セクシュアリティの歴史社会学 −近代日本におけるセクシュアリティ言説の形成と変容−”. 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科 博士論文データベース. 2014年12月18日閲覧。