赤旗ニュース映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

赤旗ニュース映画(あかはたニュースえいが)は、日本共産党1960年代から1970年代に継続して製作していた映像作品である。

概説[編集]

1961年3月16日、「アカハタニュース」第1号完成、上映が開始された。政党によるニュース映画の恒常的な製作は、日本で最初であり、資本主義国の共産党の中でも例を見ないものであった[1]。のち「赤旗ニュース」に改題された。

一例を挙げると、1970年9月完成の「赤旗ニュース」映画第94号は「公害列島―日本」(上映時間29分)であった[2]

日本社会に家庭用ビデオ機器が普及するのに伴って、1980年代にビデオ制作に切り替えられていった[1]

なお、2000年代に入りインターネットでの動画投稿が普及する中、「YouTube日本共産党」や「ニコニコ動画志位和夫チャンネル」が開設され、同党制作の多数の動画が収載・提供されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本共産党中央委員会『日本共産党の七十年』新日本出版社、1994年、上p.319 , 党史年表p.166
  2. ^ 新潟県立環境と人間のふれあい館 新聞記事検索

関連項目[編集]