赤星直忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤星直忠
人物情報
生誕 (1902-04-17) 1902年4月17日
神奈川県三浦郡横須賀町(現・横須賀市
死没 (1991-03-11) 1991年3月11日(88歳没)
国籍 日本
出身校 神奈川県立横須賀中学校(現・神奈川県立横須賀高等学校
学問
時代 縄文時代弥生時代古墳時代中世など
活動地域 神奈川県
研究分野 考古学
学位 文学博士(考古学)
称号 勲五等瑞宝章
影響を
受けた人物
高橋健自
学会 日本考古学協会
主な受賞歴 神奈川文化賞
テンプレートを表示

赤星 直忠(あかぼし なおただ、1902年4月17日 - 1991年3月11日)は大正昭和期に、三浦半島を中心として主に神奈川県下で活躍した考古学者。後に横須賀考古学会を設立するなど、三浦半島の考古学研究の基礎を築いた。

研究機関等に雇われる研究者ではなく、職業は教員等であった。発表した論文は500本近い。

経歴[編集]

神奈川県三浦郡横須賀町(現・横須賀市)に生まれる。神奈川県立横須賀中学校(現・神奈川県立横須賀高等学校)の生徒であった時、学校の敷地内で古い時代の寺院の遺物が発見されたのを契機として、考古学に興味を持ち始めた。卒業後、横須賀重砲連隊(野戦重砲兵第1連隊)や代用教員として勤務した後、1926年神奈川師範学校を卒業し、母校で訓導を務めたり、日本鉄道車輛製造工業組合の書記を務めるなどした。

考古学者の高橋健自にまなび、地元の三浦半島にとどまらず、神奈川県下全域での遺跡調査に参加。1948年日本考古学協会員に推挙。また、横須賀市立諏訪小学校分校講師を経て、1951年に横須賀市立工業高等学校(現・横須賀市立横須賀総合高等学校)の講師となった。

1954年、「古代文化の研究」で神奈川文化賞を受賞。1961年、「横穴古墳の編年研究」により國學院大學から文学博士の学位を授与される[1]1968年に教職を退く。神奈川県下で複数の自治体の文化財保護審議委員などを勤め、その功績により1972年、勲五等瑞宝章授与。

研究内容は、縄文時代早期の関東地方の土器型式の分類、弥生時代から古墳時代の海蝕洞窟遺跡や横穴墓、古代・中世の寺院ややぐら城郭など多岐に及ぶ。


赤星直忠博士文化財資料館[編集]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 赤星直忠博士文化財資料館
Dr.Naotada-AKABOSHI cultural heritage museum
赤星直忠の位置(神奈川県内)
赤星直忠
神奈川県内の位置
施設情報
専門分野 赤星直忠が調査、収集した考古資料の公開
事業主体 宇内建設株式会社
管理運営 宇内建設株式会社
所在地 240-0101
神奈川県横須賀市長坂2丁目11番11号(宇内建設株式会社3階)
位置 北緯35度13分41.8秒 東経139度37分13.7秒 / 北緯35.228278度 東経139.620472度 / 35.228278; 139.620472座標: 北緯35度13分41.8秒 東経139度37分13.7秒 / 北緯35.228278度 東経139.620472度 / 35.228278; 139.620472
外部リンク 赤星直忠博士文化財資料館HP
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

赤星直忠博士文化財資料館は、横須賀市長坂2丁目にある、赤星に考古学の教示を受けた県下の考古学研究者・民間企業らの有志により設立・運営されている資料館。赤星が調査した遺跡の出土遺物などを展示し、赤星の学問的業績を顕彰・紹介している。

資料館を運営する宇内建設は、役員が親子2代にわたり赤星に教えを受けている[2][3]。なお、彼らは、TBSテレビアナウンサーの宇内梨沙の親族である。[4]

赤星ノート[編集]

赤星は、その生涯を通じた考古学的フィールドワークの中で、県下の遺跡に関する膨大な調査資料、記録写真類を残した。「赤星ノート」として知られるこれらの資料は、発掘調査時の図面、野帳(スケッチブック)類のほか、踏査の際の反故紙への殴り書きメモなども含む。

赤星ノートは貴重な資料として神奈川県に寄贈され、神奈川県埋蔵文化財センターで保管されている[5]ほか、一部は赤星直忠文化財資料館が所蔵している。

主要著書[編集]

  • 鎌倉市編1959『鎌倉市史-考古編』
  • 神奈川県編1979『神奈川県史-考古資料編』
  • 有隣堂1980『中世考古学の研究』
  • 学生社1970『穴の考古学』

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]