赤木蘭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あかぎ らんこ
赤木 蘭子
本名 信千代(旧姓・筒井)
生年月日 (1914-01-17) 1914年1月17日
没年月日 (1973-07-23) 1973年7月23日(59歳没)
出生地 東京府
職業 女優
配偶者 信欣三
所属劇団 新築地劇団
新協劇団
俳優座
劇団民藝

赤木 蘭子(あかぎ らんこ、1914年1月17日 - 1973年7月23日)は日本の女優。

人物・経歴[編集]

東京出身。本名は信千代[1]1929年丸山定夫薄田研二山本安英細川ちか子久保栄らの新築地劇団に入団[1]藤森成吉作「何が彼女をさうさせたか」で初舞台を踏む[1]1934年の新築地劇団分裂後は、新協劇団に参加し、「アジアの嵐」などに出演。1939年同劇団の俳優信欣三と結婚した[1]。『綴方教室』(東宝映画)、『初恋』(東宝映画京都=新協劇団)、井伏鱒二原作『多甚古村』(東宝映画京都)などの映画に出演する[2]1940年8月19日村山知義久保栄滝沢修と夫の信欣三らとともに、いわれのない治安維持法違反容疑で逮捕[3]。戦後、夫とともに、俳優座に入り、東宝争議の中で、『女優』『第二の人生』『面影』『女の四季』といった映画に出演。1955年劇団民藝に入る。旧姓は筒井。脚本家・小説家の筒井ともみは姪。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • 綴方教室』(東宝映画東京、1938年)
  • 『初恋』(東宝映画京都=新協劇団、1939年)
  • 空想部落』(南旺映画、1939年)
  • 『多甚古村』(東宝映画京都、1940年)
  • 『奥村五百子』(東京発声=新日本映画研究所、1940年)
  • 『木石』(松竹、1940年)
  • 『愛機南へ飛ぶ』(松竹、1943年)・・・主人公(原保美)の母役
  • 『敵機空襲』(松竹、1943年)・・・とみ江役
  • 煉瓦女工』(南旺映画、1946年)
  • 女優』(東宝、1947年)
  • 『無頼漢長兵衞』(大映、1949年)
  • 『女の四季』(東宝、1950年)
  • 『唐人お吉』(京映プロ=現代俳協、1954年)
  • 『火の鳥』(日活、1956年)
  • 『われは海の子』(民芸=教配、1956年)
  • 『警察日記 ブタ箱は満員』(日活、1961年)
  • 『みんなわが子』(全農映=ATG、1963年)
  • 赤い殺意』(日活、1964年)
  • 怪談』(文芸プロダクションにんじんくらぶ、1965年)
  • 『赤い天使』(大映東京、1966年)
  • 『あかね雲』(松竹、1967年)

テレビドラマ[編集]

出典[編集]