赤松常子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤松常子
あかまつ つねこ
生年月日 山口県徳山市
出生地 1897年8月11日
没年月日 (1965-07-21) 1965年7月21日(67歳没)
死没地 静岡県田方郡韮山町
出身校 京都女子専門学校
所属政党日本社会党→)
右派社会党→)
(日本社会党→)
民主社会党(1960-)

日本の旗 参議院議員
選挙区 全国区
当選回数 3回
在任期間 1947年5月3日 - 1965年6月1日
テンプレートを表示

赤松 常子(あかまつ つねこ、1897年8月11日 - 1965年7月21日)は、日本の労働運動家政治家参議院議員を3期務めた。

略歴[編集]

山口県徳山市浄土真宗本願寺派徳応寺に生まれる[1]

1913年、京都女子専門学校入学。在学中は、賀川豊彦の社会事業に協力。その後、大学を中退。1923年、上京し労働運動に取り組む。同年9月に発生した関東大震災における賀川豊彦の罹災者救済活動に協力[1]

1925年日本労働総同盟婦人部にはいる。この間、野田醤油労働争議に参加[1]。1940年、日本労働総同盟は自主解散し、大日本産業報国会に組み入れられた。

1946年の日本労働組合総同盟ゼンセン同盟の結成に努力[1]

1947年の第1回参議院議員通常選挙全国区で初当選。1948年、芦田内閣厚生政務次官

1960年の民主社会党の結成に参加[1]

1965年、伊豆韮山の温泉で死去[1]

家族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]