赤石川 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤石川
水系 一級水系 筑後川
種別 一級河川
延長 12 km
平均の流量 2.99 m³/s
(袋山水位・流量観測所 1988年-2005年)
流域面積 41.64 km²
水源 渡神岳(大分県)
水源の標高 -- m
河口・合流先 三隈川(大分県)
流域 大分県
テンプレートを表示

赤石川(あかいしがわ)は、筑後川水系支流で、大分県日田市を流れる一級河川である。

地理[編集]

日田市前津江の渡神岳(とかみだけ、標高1,150m)を源流とし、釈迦岳を源流とする梅木川と合流した後、市内大山町に入ると竹の迫川、吾々路川などを併合し、中川原地区で三隈川(上流部分であるこの地域では大山川と呼ばれている)と合流する。大山川との合流点から約2km上流には大山ダムが建設中である。

主な支流[編集]

流域の自治体[編集]

大分県
日田市

並行する交通[編集]

道路[編集]